イタリアフォーラムより「ボストン世界選手権の感想」

遅くなりましたが男子フリーの後のユヅリーテ達の感想です。

イタリア羽生結弦フォーラムより

 

「ショックから少し立ち直ったわ・・・

ミスがあったにも関わらず、SEIMEIは常に鳥肌の立つプログラム!!!
でも今日のユヅはナーバスになっているのが見ていて分かったわ。

いずれにしても私にとっては彼が世界最高のスケーターであることに変わりはない!

でもミスが多過ぎたから素晴らしい演技をしたハビが勝ったのは仕方がないわね・・・
でも今はユヅに私達に贈ってくれた夢のように素晴らしい全てのプレゼントをありがとうと言いたい!!!

今はゆっくり休んでね。そして前よりもっと強くなって、もっと自信を持って再発進してね。
今では惑星ハニューに別の星、惑星ハビが近づいて来たわね・・・でも少なくとも仲間ができたわ!」

「何と言ったらいいのか・・・
私達が望んでいた結果とは違ったけれど・・・ユヅクン、ミスし過ぎよ~!!!

ハビは素晴らしい演技だったから優勝に相応しかったと思うし、得点も妥当だったと思う。

シーズン最後を世界選手権優勝で飾って欲しかったけれど、いずれにしても、ユヅがハビエルに次ぐ銀メダルでよかった

チャンの演技が終わるまで、私は不安で硬直状態だった・・・
私達はユヅの神演技に慣れてしまっていたけれど、私達のホログラムは例え1年のほとんどを別の惑星で生活していても、自分は人間だということを私達に思い出させたのよ。

でも今シーズン、途方もない記録と素晴らしい達成感を獲得したことに変わりはないし、これで終わりではない!!!

いずれにしても素晴しい大会だった。

ユヅのスタンダードではなかったかもしれないけれど、彼にいつでも夢のように素晴らしい!」

「みんな、おはよう!

ライブで試合を見たわ。ユヅの顔を見た途端、私には彼がとても緊張しているのが分かった。必要な平静さが欠けていたのね。インタビューで彼もそれを認めていた。

彼はミスをして、高い代償を払うことになった。最初のジャンプのミスには本当に驚いたわ。その後も着氷が完璧じゃないジャンプが続くのを見ながら、彼が最強の敵、つまり彼自身と戦っているのが分かった。

いずれにしてもSEIMEIは偉大なプログラム。

最初から最後まで美しく、彼を象徴する唯一無比の代表作の一つとなるでしょう。だってユヅは今大会でも自分の全てを出し尽くし、プログラムに命を吹き込んだのだから。そして偉大なチャンピオンとして親友のハビエルの栄誉を讃えていた。

日本のメディアによるプレッシャーは並大抵じゃなかったでしょうね。

勿論、出来る限り気にしない様にはしていたのかもしれないけれど、完全に無視するなんて無理だもの。

彼は既に前を向いていて、身体を癒し、自分自身に立ち向かうために、メンタル面をどのように向上していくかに集中しているわ。

彼ならきっと出来る。いつもの強情さでね!」

「今朝、試合を見たわ。昨晩は起きていられなかった・・・ミスをしてもユヅルはいつも輝いている!彼にはこれほどまで見事に役に入り込む才能があって、この資質は例え全てのジャンプを転倒したとしても失われることはないわ・・・そしてステップシークエンスを始める時、あのクロスロール・・・メダルどころか、まるで全世界を掌握しようとしているようだった!

彼に瞳には失意や怒りの陰は全くなかった・・・あそこにいた彼はただの清明だった!」

「みんな、何て言えばいいのか。辛いわね

私は銀メダルでも十分だけれど、ユヅの気持ちを考えると苦しいわ・・・
本当に残念。

後は彼がこれほどまで途方もない緊張に襲われていたことが本当に不思議だわ。2014年の世界選手権を上回るプレッシャーだった!まるで彼じゃないみたいだったわ。

でも正しい結果だったと思うわ。
彼はミスをしてその代償を払った。
スポーツとはこういうものなのよ。

私がとても辛いのは、銀メダルだって凄いことなのに、強情な彼はこのメダルを少しも嬉しく思わないだろうということよ。

ハビは素晴らしかったわ。私は彼のフリーはあまり好みじゃないんだけれど、今回は素晴らしかったと思うわ。本当に見事に滑り切った。

ボーヤン、ボーヤン・・・彼の躍進は恐ろしいわね。
まだまだ道のりは遠いけれど、彼の高難度ジャンプは私達のチャンピオンにとって、いつか脅威になるかもしれないわね。

いずれにしても、ハビはメダルをしっかり握っていないとダメね。だって誰かさんがこれを奪還するために既に瞑想を始めているから・・・

ユヅの見える所から刀を隠さないと危険よ」

「ショックから立ち直ろうと努めているところよ。
でもユヅの失望を思うと・・・胸が張り裂けそうだわ(泣)

パトリックの演技の後、私はテレビを消したわ。ハビのインタビューと表彰式はとても見る気になれなかった(ハビ、許してね)。表彰式の動画は今だに辛すぎて見られない状態よ・・・

でもユヅはこの口惜しさを全てエネルギーに変えて、私達に再び夢を見させるために戻ってきてくれると確信しているわ(でも秋まで待たなきゃならないのよ!!!)

いずれにしても、北米開催の試合はユヅに不運をもたらすというこれまでの統計結果が改めて証明されたわね(スケアメ、スケカナ、2013年のロンドンワールド、そして今大会よ!)

反対に、ユヅとヨーロッパの相性は抜群なのよ!(ニース、ソチ、バルセロナ)
来シーズンはファイナルも世界選手権もヨーロッパ開催よ!
でもこうなったからには、2018年のイタリア開催の世界選手権にも来るべきじゃない?
ユヅほどのチャンピオンなら、世界タイトルを少なくとも3つは手に入れるべきでしょう(笑)」

「みんな、ヘルシンキに行く準備をしましょう!
やっぱり私達が行かないとダメなのよ(笑)」

「私もフリーで起こったことを目撃した後、しばらくショックから立ち直れなかったんだけれど、ようやく回復しつつあるわ。ゆっくりだけれど

今はリラックスして来シーズンのためにエネルギーを充電しましょう。ユヅもそうしていることを願いながら・・・

何よりもこの怪我を完全に直してね。
そしてゆっくり休んで、前より戦闘モードになって戻ってきてね!

私達はここでいつも、それどころか前よりずっとあなたを応援しているのだから!」

「私も立ち直りつつあるわ。日曜日からレクイエムをずっと見続けているのよ。
そして見るたびに驚異的な感動に襲われる。

ここでは、いつでも最新情報がほぼリアルタイムで入ってくるから、私達は彼の左足の怪我のことも既に知っているわ。
きっとスーパートレーニングのせいね。クワドカウンターが不良品だったのかしら?

すぐに日本に帰国しなくてよかったと思うわ。
きっとメディアの圧力を考慮したのね。だって無数の記者が押し寄せるしょうし、色々な番組に出演しなくちゃならなくなるもの・・・

今はようやく身体を休めているでしょうけれど、心は休まらないでしょうね。
でもブライアンは彼にどう助言して、彼をどう鎮めればいいか知っている。
それに体力も回復させなければならない。

2015年の世界選手権の後、彼は金メダル奪還よりもまず自分のベストの演技をすることを約束したわ。
そして私達にSEIMEIをプレゼントしてくれた。

細部までこれほどまでに洗練され、追及された魂のプログラム。
本当に美しかった。

だから私は来シーズンも素晴らしい珠玉を期待しているわ。

私は彼のジャンプばかりを見ないの。
勿論、彼が技術的に傑出していることは知っているけれど、彼の努力、没頭、そして私達を驚かせ、私達を引き込みたいという気持ちを想うのよ」

「私は世界選手権の後、何を書いたらいいかずっと考えていたの。

私が言いたいことはただひとつ

ありがとう、ユヅ!!!

この夢のようなシーズンをありがとう!奇跡のように素晴らしい3つのプログラム、ショパン、SEIMEI、レクイエムを創造し、私達にプレゼントしてくれてありがとう!

バルセロナのグランプリファイナルでこれらのプログラムを生で見られたことは特別な栄誉、そして特権だった。言葉では書き表せないこの感動は永遠に私の心に残ることでしょう。

私にとってはユヅが世界最高のスケーターであることに変わりはない。
『今現在最高の』、ではなく史上最高のスケーター。

来シーズン、前より一層強く、より決然としたユヅを見られるのが待ちきれないわ。

今はただありがとう、ユヅと言い続けたい!!」

「チャオ、みんな!遅くなってごめんなさい!
写真は素晴しいわね 仙台はよく分かっているわね・・・主力製品にフォーカスしている!(笑)

何と言ったらいいのか・・・(号泣)
これほどナーバスで当惑したユヅを見るのは本当に苦しいわ。
きっと最初の4Sのミスで驚いて、そこから少しずつペースが狂っていったのね・・・

いずれにしても、四大陸選手権をパスして、全日本から試合がなかったことも影響したのかもしれないし、世界選手権は何としても勝ちたいという気持ちが強くて、自分にプレッシャーを掛け過ぎたんじゃないかと思うわ。
来シーズンは四大陸選手権にも出場して、世界選手権だけに集中し過ぎないことを願っているわ。

でも全ては次のオリンピックを見据えていい経験になったんだと思う。
彼が落ち込み過ぎていないことを願っているわ。だって私はユヅが負けたことよりも、彼の失意が一番辛いのだから・・・

ミスすることだってあるし、いつも完璧じゃなくてもいいのよ。
でも彼が苦悩していると思うと辛いわ。

ユヅは、ライバルを追いかけたり、他の選手に挑戦する気持ちが強い時の方が、ベストが出せるという意見に私も賛成よ。

だからもし滑走順がハビの後で、彼の得点を聞いた後に滑っていたら、もしかしたら違う結果になっていたかもしれないわね(勿論、滑走順に異議を唱えたいわけじゃないけれど)

彼の真の敵は彼自身だけよ。もし彼がこれに立ち向かう方法を見つけることが出来たら、無敵になるわね(今でも既に彼に勝つのは困難だけれど)。

いずれにしても今大会ではハビの方が断然、修羅モードだったわね。
フリーではユヅの記録に近い得点が出たし、来シーズンは2人の間で火花が散るのは間違いないわね!」

 

******************************

私がフリーの後、1週間近く何も翻訳出来なかったように、フォーラムでもショック状態でしばらくコメント出来ないユヅリーテが続出し、今になってしまいました。
でも皆、彼が優勝を逃したことにがっかりしたというよりもこんなに頑張ってきた羽生君の気持ち、失意を思うと胸が張り裂けそうとか、そんな感じでした。

いずれにしても今シーズンは6つの歴代最高得点(SP、FS、トータルスコア×2)が生まれた素晴らしいシーズン。

その内の3つが誕生した瞬間に立ち会うことが出来て本当に幸せでした(何度も書きますがバルセロナのショパンはこの世のものとは思われない美しさ!SEIMEIに至っては神懸っていたというか、間違いなく何かが降臨していた)。

得点とは関係なくショパンもSEIMEIも素晴らしいプログラム。

特に羽生君の個性と芸術性が『和』独特の音楽と世界観にぴったりハマったSEIMEIは各国の解説者達が史上最高のフリープログラムと絶賛していました。

来シーズンはジャズとか(またジェフリー振付けのショートかな?)
またどんな傑作が生まれるのか楽しみです

Comments are closed.