イタリアフォーラムより「2015国別対抗戦【番外編3】ブルーさんのジャンプ考察2」

以前投稿したこちらの記事の続きです。 マニアックな上に長いです・・・
技術的な話題に興味のある方は読んで下さいね。

***************************

イタリア羽生結弦フォーラムより
☆ アイキャッチ画像掲載元>>

この動画を見て>>

「明らかにもっと広い部屋(00:20分)が必要ね。:stralol::stralol::stralol:

これからはクワド3本になるわけだし:stralol:

「羽生家では、もはやユヅがそこら中にガンガンぶつかりながら家具の間をスラロームすることに慣れっこなんでしょうね!!!ユミママが『静かにしなさい!』と怒鳴りながらユヅの部屋に入って来る漫画があった動画(いつ頃の動画だったかしら?)を覚えている?:stralol::stralol::stralol:

「私は、彼がインタビューや夏のアイスショーで張り切り過ぎないことを願っているけれど・・・彼にとって今やショーは最高に楽しみながら練習出来る場所になっているものね・・・それに義理堅いからファンにお礼をしなければという思いがある!!!休息とか休暇と言う言葉は彼の辞書には存在しないのよ。私の記憶が正しければ『引退』までの3年間、全力を尽くしたい、彼のようなレベルの現役スケーターには厳しい練習する義務がある(正確じゃないけれど、こんな感じだったと思うわ)と言っていたような気がするわ。

パパ・ブライアン、どうか興奮状態にある彼のホルモンを鎮めてちょうだい。キャーキャー大騒ぎする女性ファン達も彼のアドレナリンを鎮静する役には立たないわね。

映像を見てジャンプの修正をするというブライアンのメソッドはユヅにはとても効果的なようね。私達の頑固者が模範的な生徒だと認めない訳にはいかないわね」

「私達のユヅだけよ、決して立ち止まらないのは・・・既に来シーズンのことを考えている。練習に関してはブライアンも彼のことをビジュアルスケーター、すなわち映像を見てミスを理解し、修正するタイプのスケーターと言っていたわ。

彼の常に向上心を持ち続け、常に限界に挑戦し続けようとするところも、私が彼を好きな理由のひとつよ」

「動画をありがとう!ジャンプのイメージトレーニングをするには、マンション全体が必要になりそうね。:stralol::stralol::stralol:
ショーの問題についてだけれど、ファンに感謝の気持ちを示すという意味でも彼にとって重要なんだと思うわ。今シーズンのことでちょっとは学習してくれたことを願うしかないわね!!!」

「ブルー、分かりやすい技術の解説と分析をありがとう。単独の3Aでも膨大なGOEを稼ぐユヅには4Lo+3Aのコンビネーションは必要ないわね。

いずれにしても4Loは彼の兵器倉庫にあって、1)8トリプルで2種類のトリプルを2度跳ぶというフル構成が可能になる 2)他の選手達は彼に近づきたければ息を切らせて必死で追いかけなければならなくなる・・・

FSUの記事によれば、ユヅは現時点では4Loはプログラムに入れるためではなく、4Sを強化するために練習していると言っていたそうよ。ブライアンは(4Lo)の練習をいつも許可しているわけじゃなくて、ずっと彼が4Loに挑戦することを望んでいなかった。世界選手権の後、ようやくOKを出した」

「全くもの凄く特殊なエキシになったわね!

ループについては、私の記憶に間違いなければ2016-2017シーズンに3本目のクワドとして入れたいと言っていたような気がするわ・・・

それに彼が4ルッツ(大分前に回り切れるけれど、着氷で転倒すると言っていた)と4アクセル(回転が1/4足りない)にも挑戦していたことを忘れてはならないわ。だから2018年には全選手が彼を必死で追いかけなくてはならなくなるわね。

誰が彼に対抗できる?もし完璧なノーミス演技ならチャン(もし復帰するなら)とハビエル?ジェーソン(クワド無しであの高得点だから、クワドを装備したら怖いかもね)?デニス?彼についてもチャン、ハビエル同様にノーミスの神演技が最低条件になるわ。技術点だけならジン・ボーヤン・・・

フリーで3種類のクワドを入れて(更に試合で決まるかと言うとまた別問題だし)彼に対抗出来そうな人は今のところ思いつかないわ」

「ブルーが説明してくれたように4L-3Aまたは4T-3Aのジャンプシークエンスは得点的に試合で入れる意味はあまりないわね。同じことが4T-4Tのコンビネーション(ムラが挑戦している動画があったわね。ユヅが挑戦したことはないと思うわ)にも言えるわ(ジャンプの繰り返し/コンビネーションという点で)。

いずれにしてもジン・ボーヤンがTESでは一番ユヅに近いかもしれないわね。ハビもノーミスなら基礎点は90点。最低2種類のクワドを跳べるかどうかが鍵になるわね。これによってコンビネーションのオプションが広がる。

ユヅは眠りにつくために羊を数える代わりに自分のクワド映像を見るのね!:stralol:
しかも鏡の前で実際に試しているし!まさに仕事の鬼ね!!!
彼の頭を占める唯一の事柄は『スケート』 。女の子達に関心が向くのは数年先のことになりそうね。

彼の部屋についてだけれど、可哀想に・・・もう少し大きな鏡を買ってあげて!!
むしろ、壁全体を鏡にしたらどうかしら。そうすればよく見えるでしょう!:stralol:

「そうこうしている間にユヅルはトロントの合宿キャンプで彼の『休養期間』を開始している・・・aWN5W61

ソース>>

**************************

☆ ボーヤン選手は上海世界選手権のエキシで4Lz、4S、4T、3Aを跳んでましたね。トリプルアクセル以外、全部転倒でしたけれど。

ソチ後の取材で羽生君が『ジュニアの選手達は複数種類のクワドをバンバン跳んでいる。平昌の頃はクワド三種が当たり前になっているかもしれないから、自分も置いて行かれないようしなければいけない』と言っていましたけれど、ボーヤン選手を意識していたんでしょうね。

女子ではリーザが来シーズン、トリプルアクセルをショートで1本、フリーで2本入れるつもりだと言っているそうです。

あのクオリティの高いトリプルアクセルにルッツ2本、3-3のコンビネーションを跳ばれたらもう誰も勝てない・・・

彼女に対抗するために3Aに挑戦する選手が今後増えそうですし、女子も男子も次のオリンピックに向けて高難度化が一気に加速しそうな予感。

 

Previous Entries Neveitaliaより「羽生結弦、フィンランディア杯を圧勝し、エスポーの観衆を魅了する」 Next Entries イタリアフォーラムより「FaOI 2015その1」