イタリアフォーラムより「2017オータムクラシック感想~FS」

 

前回の続き、フリー後の感想です

イタリア羽生結弦フォーラムより

 

「フリー155.52点、トータル268.24点

ユヅ、落ち着いて!」

「まあ初戦はこれでいいと思うわ!まだ9月なのよ。フリーでも記録を更新していたら私は返って心配になったと思うわ:stralol:

重要なのは膝の痛みが引いて、ロステレコム杯でリベンジすることよ。
今、表彰式を見たところだけれど、勿論、悔しそうだけれど、それほど悲しそうには見えなかったわ。
衣装は好きだけれど、どちらかというと前の方が好みかしら
でもこれか最終バージョンなの?
さすがに眠いわ!おやすみなさい、みんな」

「パンケーキはうまく焼き上がらなかったようね。
でもみんなも知っているようにカナダでの銀メダルはそのシーズンの成功に必要不可欠なラッキーアイテムなのよ。
だから当然、全て計算通りなのよ!:stralol:

私は4ルッツを跳ぼうとしてパンクしたあの1Lzで彼は集中力をかなり失って、迷走してしまったんだと思うわ。
当然、この頑固者はプログラムの最後まで4トゥループを何としても跳ぼうとした。
だから最後の最後まで挑戦し続けたのよ。

私は表彰式で彼がハビのメダルをじっと見ているの見て笑ってしまったわ。
何て子なの!:stralol:

 

「そうね、1年に1度はカナダで銀メダルを見るのね。今年はグランプリシリーズがロステレコム杯だから見なくて済むと思ったんだけれど、まさか今大会で見ることになるとは!

まだプロトコルを確認していないけれど、昨日のスーパーレコードの後、彼は少し穏やかに・・・何というかソフトになって、いつものような気迫が感じられなかったような気がするわ。
メダルを持っている笑顔が引きつっていたわね・・・
頑張って、ユヅ!!!次はきっとうまく行くわよ!:gotidea:

「当然、がっかりしているユヅを見るのは辛いけれど、K&Cでのユヅはがっかりして怒っているというより、本当に悔しそうだったわ!!!きっと集中力を欠いたのね。少なくとも私はそう思うわ。ちょっと2014年の中国杯とNHK杯の演技を思い出したわ。勿論、状況は全然違うけれど。

表彰式でちょっとふくれっ面をしていたけれど、気持ちは分かるわ。でも最後は笑顔だったわね!!!

みんな、冷静に考えてみましょう。今晩、彼はプログラムを大幅に「簡略化」したのよ。:ihihih:
美しい笑顔、ショートでは世界最高得点を更新。膝痛で1週間練習を休んだ後でよ。
シーズン初戦としては全然悪くないじゃない!:applause: 

いずれにしても私は満足しているわ。彼はいつも大きな感動を与えてくれる。それどころか、ロステレコム杯にはこれまでにないほど気合満々でやってくると思うわ」

「何といったらいいのか
みんなが全部言ってくれたわ。そうね、カナダでの銀メダルはシーズンに幸運をもたらすラッキーアイテムだから
衣装はとても気に入ったわ。前のよりいいと思う」

「彼がリンクインした時から既に昨日とは別の「場所」にいるのは明らかだったわ。でもやっとプログラム全体を見ることが出来た。
抜けたジャンプはあったけれど、彼はファンタスティコだった」

「オータムクラシック・インターナショナルの衝撃的な結末!!!
ユヅはオータムクラシックで毎年恒例の「初戦の伝統」を守りました。
初戦の伝統を守るためのゲン担ぎのパンケーキはこれで完成!!!
銀メダルは残りのシーズンに幸運をもたらすのよ!!!
全て計算済みなのは明らかね。
ショートプログラムの世界最高得点の後で、SEIMEI2.0は何か驚異的だったわ。
独創性、振付、技術・・・唯一無比の真珠
彼がこれをパーフェクトに滑ったら・・・心臓発作>即入院は免れないわね
次はロステレコム杯よ!」

 

*****************************

マッシミリアーノさんといい、イタリアの皆さんは前向きでポジティブ!
私は羽生君の初戦大自爆はもう恒例の厄落としだと思うことにしました(しかもなぜかほとんどがカナダの大会)。
それも毎回毎回そこまでやる?っていうぐらいの壮絶な大自爆、逆に潔いというか

でも今大会前、膝痛で10日ぐらい練習を休んでいたことを考えると、フリーのこの緊急構成は試す時間がほとんどなかったんじゃないでしょうか。
単純に4回転ジャンプから3回転ジャンプにするといっても技術的には全く別物ですし、しかもループからルッツに、サルコウからループに変更しているので当然、軌道も多少変わりますよね。
特にSEIMEIは助走とジャンプの合間にトランジションが入っている他の選手のプログラムと違って、ステップとトランジションが秒刻みで隙間なく詰め込まれているので、調整不足だったりするとちょっとした綻びやズレで崩れてしまうのかなと思いました。

でも今大会、フリーは公式練習でも本番でも昨年苦戦していた後半の4サルコウからのコンボが全部綺麗に決まっていましたね。 +2.80って後半の4回転ジャンプのGOEでは過去最高なんじゃないでしょうか!

10月からはグランプリ大会が始まり、長くて過酷なシーズンの本格的な幕開けになります。
羽生君が周りにペースを乱されずに自分を信じて良質な練習と試合が出来ること、そして健康で万全な状態でオリンピックが迎えられることを祈っています。
膝の痛みがよくなっていますように

Previous Entries イタリアフォーラムより「2017オータムクラシック感想~SP」 Next Entries ポッドキャスト「Kiss&Cry」第1回(その1)