イタリアフォーラムより「2018ロステレコム杯~現地観戦記(その2)」

前回の続きです

イタリア羽生結弦フォーラム

今日は感傷的になってしまってごめんなさい。
でもユヅが私の目の前で転倒するのを見たから。氷上の音、衝撃・・・凍り付くような静けさ・・・彼が立ち上がるまでの時間が永遠に感じられたわ。
私には事態が深刻なことが分かったわ。彼は身体が発するオーラはポジティブな時も凄いけれど、ネガティブな時も見ている側にヒシヒシと伝わってくるのよ。
午前中は心配で心配で床に座って何時間も泣いたわ(椅子は全部埋まっていて空いていなかったのよ)。
試合が始まっても私は会場の外にいたわ。彼を見られないんじゃないかと思うと怖くて(もし彼が欠場していたら、私はきっと誰の演技も見なかったと思う)。
でも6分間練習に彼は現れて、陽気にさえ見えたわ。
演技が始まると私はジャンプの度に怖くて目をつぶってしまいそうだった。
ベストな出来ではなかったけれど、でも美しい演技だった。
彼の身体の動きは完璧で、彼のパフォーマンスはいつでもプレゼントなのよ。
私はプーを投げ込むためにフェンスの上に移動したわ。
そこからは彼の顔が良く見えた・・・
泣きながらブライアンとジスランと抱き合っている彼の顔が・・・
こんな風に脆い彼を見て・・・私は息が止まりそうになった!!!神様・・・
今でも涙が止まらないのよ。
エキシのフィナーレを見ながら、彼のフラストレーションを思い、彼がこの華やかなひと時を楽しむことが出来ないことが残念でとても悲しい気持ちになったわ・・・
ショートの後のような幸せそうな彼を見ることが出来なくて。
ショートの後の彼の笑顔は本当に美しかった。
私は幸せな彼が見たいだけなのよ。

チャオみんな・・・土曜日のランスルーから私が感じている喉の閊えと心の痛みがようやく少し和らいできたわ・・・(悲しくて、心配で、辛いけれど、少なくとも人前でいきなり泣き出すことなく、日常生活を送れている)
あの表彰台は・・・本当に心を打たれる瞬間だった。
松葉杖姿で私達の前に現れ、とても辛く弱っているはずなのに、あんな笑顔を見せてくれた。
このシーンを私は一生忘れないでしょう・・・
そして同じようにあの瞬間に私が感じたこと、アレーナ中の人達と一緒に私が味わった会場全体が一丸となったあの連帯感も決して忘れることはないでしょう。
結弦は国籍や文化を超えて、これほど多くの人々の心を揺さぶり、これほど多くの人生を変えた。
これは類稀というより唯一の現象だと思うわ。
私自身、結弦に感謝しなければならないのよ。
最も暗い時期になりかねなかった時間を人生で最も美しい瞬間のひとつに変えてくれたことを。
ここ数年間で私には変化があって、2人の人間が方法は異なるけれど私の人生から去って行った。
でも彼のおかげで新しい友人が出来て、新しいこと(スケートをすること)を学ぶことに挑戦し、彼だけのおかげでファンタスティコな体験を生きることが出来た。
普段の生活に戻り、これほど強い情熱に生きたことのない、実際には知らない人間にどうしてこれほど影響されるのか理解出来ない普通の人達の間に戻るのは辛いけれど、私はこの最も感動的な数か月を生きるために、勉強し、仕事をし、エネルギーとお金を投資することをこれからもずっと誇りに思うことでしょう。
彼の今後が心配だけれど、前向きに未来に目を向けることにするわ。再び彼の試合を見に行ける日を待ちわびながら(フランスのファイナル?それともまたヨーロッパのグランプリ大会に来てくれるかしら?)

**************************
☆彼女達には表彰式の後、会場で会いました。
みんな中国のファンの方が制作した「結弦」「幸あれ」の文字を持っていました。
表彰式が始まる前、会場の彼方此方でファンの皆さんがこの文字カードを作成して配るために奔走していました。
後で知ったことですが、たった一晩で700枚も作成されていたんですね!

☆この時のエピソードはこの記事に詳しく書かれています
忘れ得ぬ光景――ロステレコム杯の記憶

世界中の様々な地域から訪れた国籍も言語も文化も違うファン達が羽生結弦という一人の選手のために一丸となり、彼のために共に何かをしようと奔走する姿は言葉では表現できないほど感動的で、何か奇跡のような光景でした。
羽生君がただ選手として強く優れているだけだったら、これほど大勢の人にこれほど愛され、実際にこれほどの大勢の人を動かすことはなかったでしょう。

競技や国籍の枠を超えて、世界中でこれほど愛され、これほど大勢の人の模範となっている選手を私は他に知らない。

Previous Entries イタリアフォーラムより「2018ロステレコム杯~現地観戦記(その1)」 Next Entries マッシミリアーノさん、2018年最後に愛を叫ぶ