イタリア解説「2014ソチオリンピック~男子SP後座談会」

過去の映像から
ソチオリンピックの男子ショートの後に放送された解説者達の座談会の翻訳です。

Elena Cさんの動画です
いつも貴重な動画をありがとう!Grazie mille!

動画は羽生君部分を繋げて編集されているため、省略されている部分があり、前後の脈略がよく分からないところがありました(たぶん視聴者からの質問やリクエストが途中途中に入ってそれに答えているんだと思います)

 

出演:
マッシミリアーノ・アンベージ他
(ごめんなさい!他の3人の名前が分からない・・・オジさんばっかりですね)

男性A:OK,僕達はプルシェンコについて話したけれど、羽生のサイエンスファンタスティックな演技についても話していいかな?さっき、シルヴィア・フォンターナとも話したけれど

ア:羽生は新しい歴代最高得点を叩き出し、男子シングルの第一級大会で100点を超えた最初の男子になった。

途方もない技術点。55点近かったと思う。

僕は3アクセルの美しさに注目してもらいたい。ステップから跳び、フェンス程の高さがある。並外れている!ミスをしなければ彼が圧勝するだろう

男性A:圧勝とね

(中国の大躍進に関する話題は省略)

ア:今流れているビデオは2時間後に既に歴史に刻まれた。これは何か驚異的なことだ。
クラクラさせられる美しさ。
今後、こんなショートプログラムをいつまた見ることが出来るか分からない。
トップだよ

男性B:これはプルシェンコ事件もかき消してしまった?

男性C:マックスは彼のスケートの話題に夢中になっているようだね(笑)

ア:そう、僕は夢中だ。

なぜなら技術的な話題に踏み込まなければならない。多分、ここは(そういう話題には)適切な場じゃないのかもしれない。

でも彼が披露する4トゥループは非常に難しいステップから実施されていて、フェンス程の高さがある。流れのある着氷、これだけで大会全体のチケットの価値があり、これだけ見たらもう満足して席を立つことが出来る。

男性A:映像を見続けようよ。僕はこの映像が好きだし、これを見ながら番組を締めくくりたい

(中略)

男性?:僕達はロシアのニュースが何を言ったか訳さなかったけれど、ここでは注目ニュースだけに焦点を当てているから

男性?:それにこれはスケートに少しばかり精通している僕達の座談会だ

男性?:それに僕達はこの映像を見ていたら、プルシェンコことはもう忘れてしまったよ。

ア:プルシェンコは尊敬しているけれど、彼(羽生)は完全に別次元だ。

これ(4トゥループ)を見てよ!

男性?:ファンタスティコ!

男性?:ブラーヴォ、ブラーヴォ、ブラーヴォ!

男性?:仮に(プルチェンコが)全てを完璧に決めて、考えられる最高の演技をしたとしてもかなわなかっただろう・・・

ア:見てよ!見てよこれを!
彼の3アクセルは奇跡のように素晴らしさ。比類がない

フリーの後半にトリプルジャンプを4本跳ぶことが出来る唯一の選手
彼はフィギュアスケートの進化だ。でも音楽も表現する。

彼はそのジャンルにおいて唯一無比だ

 

************************

☆マッシミリアーノさん、熱いですね~
でも時間は限られているし、他の人もいるし、あんまりマニアックな話題は場違いだし、話したいことの半分も話せなくてフラストレーションが溜まってそう
誰にも気兼ねせずに150分間、心おきなく語り続けられるポッドキャストを作ってしまった気持ちが分かるような気がします。

そう言えば西川の新CMとメーキングが公開されましたね!
ユヅリーテ達は早くも大騒ぎでフォーラムではなくFBのグループメッセージの方に

「このCMはまずいでしょう!!!こんな危険なものを公開すべきじゃないわね・・・可愛過ぎる!!」

「パジャマ姿が!!!可愛過ぎる!」

「サンタ・マリア!!!何て可愛いの!!!???パジャマ姿が愛おしいわ!!!私のアモリーノ(キューピット)。一生、彼の枕元で子守歌を歌ってあげられる」

などとコメントし、イタリアに西川の販売代理店が無いか本気で調べていました!(残念ながら無いそうです)

Comments are closed.