イタリア解説EuroSport版「2013エリックボンパール杯~羽生結弦EX」

再び2013年エリックボンパール杯の映像から
エキシの演技です。

羽生君の3アクセルの素晴らしさについて爆笑しながら熱く語っています。
印象的な部分を抜粋します

 

エレナさんの動画です。いつもありがとう!
Grazie Elena💛!

実況:マッシミリアーノ・アンベージ(M)
解説:アンジェロ・ドルフィーニ(A)

 

M:それでは羽生結弦を堪能しよう

今大会では自己ベストに近い得点を出したにも拘わらず、結果に全く満足していないと発言し、帰国したら(母国かあるいはトロントだろう)、4回転ジャンプの修正に努めると強調した。

A:実際、今大会ではクワドが入らなかった。
でも最初の1分間はネガティブだったけれど、その後は素晴らしい演技を引き出した。
いずれにしてもコンディションが飛躍的に上がってきていることを見せつけた

これは先シーズンのフリーだね

 

A:ノートルダム・ドゥ・パリの旋律に乗せた4トゥループからは4回転の調子が悪いようには見えなかったけどね

M:僕が思うに、彼は信号を発したかったんだよ。他の誰かにではなく、彼自身に対して(笑)

A: 確かにそうだろうね
彼はエンジン全開で発進した。
エキシで4トゥループと3アクセル2本なんて毎日見れられるものじゃないからね(笑)
ユヅルにとって3アクセルは極めて自然なものだから

M:他の誰かにとっての2アクセルのようなものだ

A:(爆笑)

M:残念だけど、これが事実だ
彼にとっては幸運だけれど

A:ハハハ、彼にとって幸運なのは明らかだね
でもこれが事実だ。彼は戦意を喪失させられるほど簡単に跳んでしまう。
トゥループを見よう

M: それにステップを前に入れなければ、簡単になり過ぎてしまうのだろう(笑)

A:確かにそうだ(爆笑)
それにトゥループもここでは素晴らしい出来だった

軽々と3アクセル
これは1本目のアクセルだ

アクセルで彼に並べる選手は存在しない
クオリティにおいても、自然さという点においても

彼は全く力まずにこのジャンプを跳べるから、プログラム後半に入れることが出来るのだ。こうした分析は既に僕達がしてきたことだけれど、彼のアクセルを見るたびに僕は唖然とさせられる(笑)。

だって羽生の3アクセルは本当にファンタスティコだから
でも彼の3アクセルは彼がまだジュニアの頃から既に僕達に衝撃を与えていた。

M: 確かに
羽生が優勝したジュニア世界選手権の時の君の言葉をよく覚えているよ

「彼はフェンスほどの高さの3アクセルを披露した」

A:そうそう、本当に衝撃的だった(笑)
あれから彼は3アクセルをいとも簡単に跳び続けている

(フィナーレから)

A:ここにいるのはジャンプでは他の選手から学ぶことがほとんどない選手だ。
今大会はクワドが入らなかったけれど、羽生のフリープログラムが素晴らしいことに変わりはない

M:彼のピークはまだやってきていない
次の五輪までの4年間、主役になる選手だろう
パトリック・チェンもまだ若いけれど(笑)

 

☆本ブログに掲載されている翻訳のあらゆる形式での複製(読み上げによる音声での再現、テキスト動画、印刷物などが含まれますがこれに限定されません)、全文の無断転載、濫用、Youtube等の他のメディアでの使用は固くお断り致します。翻訳の一部を転載または引用する場合には、必ず出典を明記し、当ブログの掲載ページのリンクを貼って頂きますようお願い致します。

**************************************

☆2013年のエリックボンパール杯はパトリックの圧勝でしたが、羽生君のこの演技、エキシなのに余裕で4T+3A2本→ドヤ顔フィニッシュを見て背筋が凍りました。あああパンドラの箱が開いちゃったとか魔神の封印が解けちゃったとかそういう畏敬の念で

ちなみにフォーラムのユヅリーテはエリック杯を見て「パトリックはピークが早く来過ぎた。金メダルはもらったあああ!!!」と思ったそうです(凄い予知能力!)

ジュニアワールドの3アクセル、お二人にとって相当衝撃的だったようで、(羽生君以外の選手の)実況解説中でもたびたび言及されています。

そして最近、ロシアのテストスケートのフリーで4ルッツを含むクワド3本を着氷したアレクサンドラ・トゥルソワ選手について、「史上初の4アクセルを成功させるのはトゥルソワじゃないの?」というツイートに対し、マッシミリアーノさんは「有り得ない、最初は羽生結弦だ」と力強く断言しています!

☆羽生君の3アクセルの動画を色々集めてみました!

羽生結弦3Aコレクション(2016-2017)

羽生結弦GOE満点3A特集

羽生結弦3Aトップ20

 

☆そしてお二人に衝撃を与えた2010年ジュニアワールドの演技はこちら

SP>>

FS>>

 

Previous Entries イタリア解説EuroSport版「2013エリックボンパール杯~羽生結弦FS」 Next Entries イタリア解説EuroSport版「2013エリックボンパール杯~羽生結弦SP」