Get a site

イタリア解説EuroSport版「チャ・ジュンファンと羽生結弦の関係性」

2018スケートカナダ男子ショートより
チャ・ジュンファン選手の実況解説中にマッシミリアーノさんが羽生君にまつわる素敵なエピソードを語ってくれましたのでその部分を翻訳します。

☆エレナさんがその部分を切り取ってくれました!
いつもありがとう!
Grazie Elena!💛

実況:マッシミリアーノ・アンベージ(M)
解説:アンジェロ・ドルフィーニ(A)

M:チャ・ジュンファンの演技に移ろう
彼は2度のオリンピックチャンピオン、羽生結弦の秘蔵っ子だ

A:数シーズン前からブライアン・オーサーの元で練習している

M:チャと羽生の関係性は驚異的で、羽生は彼をある意味で後継者に指名しているところがある。
チャが羽生に次いで2位だったオータムクラシックにまつわる素敵なエピソードを紹介したい。

大会2日後、彼らが練習拠点にしているトロントのクリケットクラブでチャのためのささやかなパーティーが開かれた。
そこに羽生がやって来て、この様子を見てこういった
「これは何の騒ぎ?」
そして食べ始めた。彼はどんなに食べても決して太らないから。
彼が羨ましいよ(笑)
他の選手達は彼がバクバク食べているのを羨ましそうに眺めていた。
それからチャを捕まえてこう尋ねた。
「これはどういう会なの?何かあったの?」
チャはこう答える
「僕のためのパーティーです。僕が2位になったから、ママがこのような会を開いてくれました」
羽生は彼を見つめてこう言った。
「散々な演技だった僕に次いで2位だ」

A:(爆笑)

M:チャ「だって君には絶対に勝てっこないよ」
羽生はこう言った
「シニアに上がった時、僕は全ての選手を尊敬していた。
そして中でも最強の選手達の写真を持っていた。彼らに勝ちたかったからだ。
君も僕に対して同じことをしなければならない。なぜなら君は僕に勝たなくちゃならないからだ
でもよく覚えておくんだ
今回、君がやったように大会で2位に終わるより最悪なことが一つだけある。
僕がやったように酷い演技で1位になることだ」

A:(爆笑)
そして当然、この金言を伝授した後、彼は去っていった(笑)
このエピソードが物語っているように、彼は特殊なメンタリティを持つ人物だ
今分かったことではないけれど(笑)

M:勿論、羽生はふざけて言ったんだけれど、素晴らしい才能を持つチャに羽生が何かを見出しているのは明らかだ。

A:羽生だけでなく、誰の目にも彼の才能は明らかだ

M:チャは17歳だ
羽生は17歳と数か月で最初の世界選手権銅メダルを持ち帰った。
2012年ニースだ
スタンディングオベーションに値するフリープログラムだった
あのロメオ+ジュリエットは・・・・

A:スケートファンの心に刻まれた
マイルストーンだった

M:多くの人が次のシーズンにこのプログラムを再演して欲しいと切望している

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そしてこちらはエレナさんが描いてくれたイラスト
かわいい~!!!💛

***********************************
☆マッシミリアーノさんの情報源って一体???😱
スパイ?盗聴器?隠しカメラ?
それとも羽生君に対する念が強すぎて透視出来るとか
時々、清掃員とかに扮装してクリケットクラブに潜入していたとしても驚かない
オータム後のマッシミリアーノさんの「アリバイ」を調べたいですw

心温まる、素敵なエピソードですね
羽生君の人間性、心の広さ、器の大きさがよく分かります。
羽生君がまだ10代の頃、プルシェンコさんからアイスショーで一緒になる度に「ユヅル、お前はオレを超えるんだ」と言われていたというエピソードを思い出します。
王者のスピリットはこうやって受け継がれていくんですね

マッシミリアーノさん、まだニースのロミジュリの再演を諦めていないのねw

Published by Nymphea

管理人/翻訳者(イタリア在住)。2011年四大陸チゴイネ落ち