イタリア解説EuroSport版「2012ニース世界選手権~羽生結弦FS」

またニース世界選手権から
今回はフリースケーティングです

動画

Elena Cさんが動画を上げて下さいました
貴重な映像をありがとうございます!

ニコ動版>>
miiさんが翻訳を書き入れて下さいました。ありがとうございます!

実況:マッシミリアーノ・アンベージ
解説:アンジェロ・ドルフィーニ

(演技前)

マ:男子フリーはスモーカー(前の番組)の延長のせいで生中継出来なかったけれど、この試合の上位3人の演技を放送することを決めた

いずれもメダルに値する傑出したレベルの演技だった

まずは途方もない演技で7位から3位まで順位を上げた羽生結弦から始めよう

僕達は何度もこのプログラムは今シーズン、最も成功したフリープログラムのひとつだと言ってきたけれど、今日、驚異的な方法でそのことを証明して見せた。

ア:この少年の才能はまさに規格外。非常に柔らかい膝の屈曲は素晴らしい

綺麗に決まった時のジャンプはファンタスティコで本当に競争力のある選手だ

このフリーは技術点で銀河点を叩き出した。

これから詳細を見ていこう

(演技中)

ア:これはロミオとジュリエットのサウンドトラック

マ:クレイグ・オームストロング作曲、だからいわゆる現代版だ

ア:日本の選手はこの素晴らしい4トゥループで演技を開始した

ア:そしてここに注目して欲しい!

イーグルから3アクセル

ア:3フリップ

ア:3ルッツ/2トゥループ

ルッツの着氷は完璧じゃなかったけれど2トゥループを付けられた、ブラヴィッシモ(ブラ―ヴォの最上級)だ

ア:ステップシークエンス

ア:ここは・・・信じられない

繋ぎのステップで転倒、トランジションの要素だった

でもちょうど2本目の3アクセルの助走に入るところだった

でも彼はこんな状況でも3アクセル/3トゥループを決めてみせた

こんな離れ業を見たのはチャン以来だ

ア:3ルッツ/2トゥループ/2トゥループ

ア:3ループも素晴らしい

ア:羽生はスピンも強い

ア:最後のジャンプ要素

ア:3サルコウ!少しこらえたけれど着氷した

羽生は力を使い果たしたようだ

ア:最後はフライングコンビネーションスピン

ア:まさに宇宙的なプログラム

(演技終了)

マ:平凡なミスにも関わらずルッツの無かったショートを大幅に挽回した

ア:文字通り一瞬、真っ白になった。立ち上がるのに少し時間がかかったから演技の流れを一瞬中断してしまったのは残念だけれど、この転倒の直後、すぐにスピードを上げて3アクセル/3トゥループのコンビーションを決めることが出来た

本当に並外れている

彼の感動を見てよ

全てを出し尽くした

僕達が何度も言っているように、彼は幾つかの問題によって本来必要な練習をすることが中々出来ない

マ:喘息の問題があるからね

ア:でもこのレベルで滑れた時、この少年には水晶のような才能がある

マ:その通り、全てのジャンプの着氷後の流れ、どのジャンプも特殊な入り方から跳んでいる。現時点で彼の3アクセルはプルシェンコと同等か、あるいはそれ以上だ。

年齢を考慮すると、僕達は驚異的な才能を目の当たりにしている

ア:彼はまだ18歳にもなっていないんだ

ファンタスティコだ

それにショートのミスで出遅れた。それほど膨大な点を失ったわけではないけれど、表彰台圏内からは結構遠かった

でもこの本当に途方もない演技、技術的には極上の安定した演技で大差を挽回した

マッシミリアーノ、これは今大会のペアにおけるボロソジャル/トランコフ組に匹敵する逆転劇だよ

ア:男子シングルではショート7位から表彰台まで追い上げた選手は未だかつていなかった

羽生はこの快挙を達成した

ショートプログラムが終わった時点ではメダルは難しいように思われていた。

この少年がアクセルを含む5本のトリプルジャンプをプログラム後半に跳んだことも忘れてはならない

これによって他の選手達に大きな点差を付けることが出来る

ア:今、(転倒した)ステップを見ているけれど、このファンタスティコなコンビネーション、3A/3Tの少し前のトランジション、バックカウンターのところだった

君の言う通り、これらのトリプルと冒頭のクワドで大量の点を稼いだ

振付けのクオリティも傑出していて、スピンも素晴らしい

最期のスピンだけ最高レベルが取れなかったけれど、それ以外のスピンは非常によかった

だから本当にコンプリートな選手

マ:みんなも分かったと思うけれど、銀河点を獲得することになった

歴史的と言うべきだろう

これより高い得点を出したことがあるのは歴代最高得点保持者のパトリック・チャン、小塚、プルシェンコ、高橋だけだ

というわけだから、17歳と数か月のこの少年に脱帽する

ア:得点を見た時の彼の表情を見てよ!(笑)

ファンタスティコな得点

この少年にはまだまだ伸びしろがある。

だって確実にこれから更に成長してくだろう

彼の資質は驚異的だ

まさに規格外

マ:これまでにTES90点を超えたのはチャン、小塚、高橋だけだ

羽生の演技は相対最上級だった

 

************************************

世界中のフィギュアスケートファンと解説者の心を鷲掴みにしたこの演技
あれから数年たった今見ても、当時と同じように感動し、鳥肌が立ちます。

この前のシーズンに羽生君の演技を初めて見て、将来必ず世界チャンピオンになると確信し、注目していたのですが、当時はパトリックが圧倒的で、さすがにソチには間に合わないだろうと思っていました。
でもニースのこの演技を見て、ひょっとしたらひょっとするかも・・・と思ったんです。

何度見ても魂を揺すぶられる感動的な演技
本当に素晴らしかった

Previous Entries イタリア解説EuroSport版「2012ニース世界選手権~羽生結弦SP」 Next Entries イタリアフォーラムより「NHK杯の感想(その2)~SEIMEI」