イタリア解説EuroSport版「2016ボストン世界選手権~羽生結弦FS」

男子フリーから
羽生結弦選手の演技の実況解説です。

Elena Cさんが動画を上げて下さいました!
ありがとうございます!Grazie mille!

実況:マッシミリアーノ・アンベージ
解説:アンジェロ・ドルフィーニ

 

(演技前)

マ:羽生結弦は世界タイトルを2度獲得した史上初の日本男子になろうとしている。

おそらく小世界選手権じゃない大会で勝ちたいというのもあるだろう。

ア:(笑)

マ:小世界選手権とは何か?

オリンピックシーズンの世界選手権のことだ。
高橋はライサチェクとプルシェンコが不在だったおかげであの世界選手権で優勝することが出来た。

羽生はオリンピックシーズンの世界選手権で優勝したけれど、彼の場合、彼自身がオリンピックチャンピオンだから前者に比べるとタイトルの価値は断然高い。

ア:勿論そうだ。

確かにオリンピック直後の世界選手権はトップ選手達が軒並み出場しないことが多い。

彼は今大会の大本命

大差でリードしている。

マ:6分間練習では4サルコウも4トゥループも素晴らしい出来だった。

(演技中)

ア:最初はそのサルコウ

ア:4サルコウ、氷に手を付いたけれど持ちこたえた

ア:4トゥループ

ア:3フリップ

ア:ここで変更がある。

4トゥループではなく2本目の4サルコウを跳ぶことにした。基礎点が僅かにアップする

最近の練習ではより安定しているジャンプ

準備して・・・4サルコウで転倒

2本目のサルコウはコンビネーションにしなければならなかったから、繰り返し(REP)になってしまった。

ア:3アクセル/3トゥループ

偉大なチャンピオンのリアクション

ア:3アクセル、ターン、2サルコウ

もう一つのミス

3サルコウがダブルになってしまった

ア:3ループ

ア:3ルッツでハンドタッチ

多くのミスを犯した

このスピンもいつもほどスピードがない

ア:最後のエレメント

コンビネーション足替えスピン

(演技終了)

マ:4つの重いミスがあった。驚きだ・・・

だって練習ではフリーのランスルーはいつもノーミスだった。

確かにここ数日、彼を取り巻く環境は緊迫していた。
練習中のデニス・テンとの一件が政治的な議論にまで発展し、氷上で実際に起こったことより、ずっと大事になってしまった。

ショートプログラムに比べると身体の動きというかキレが別人のようだった。
緊張して固くなっていた。
プログラムというより個々のエレメンツに集中していた。
僕達が見慣れている羽生ではなかった。

ア:最初からきっかけを掴むことが出来なかった。

現時点ではおそらくより安定しているジャンプ、4サルコウで着氷が乱れ、おそらくこれで焦ったのかもしれない。

最近、やや安定感に欠ける4トゥループは成功して、着氷も良かったけれど、いつも彼が跳んでいるような流れのある素晴らしいクオリティではなかった。

2本目の3アクセルも不安定だった。彼はアクセルについては絶対的安定感を誇っているからこれはニュースだ。

こんな彼を見るのは今シーズンでは、今日より更に悪かった全日本だけだろう。

マ:スケートカナダもそうじゃない?

ア:そうだね、スケートカナダも

でも実際には問題があったのはショートの方で、フリーでは大差を挽回した。

ア:これは4トゥループ

見て分かるようにきれいに決まったけれど、ここでも僅かな乱れがあった。

マ:ショートの4Tと同じような感じだね。

ア:そうだね。ショートと全く同じだった。

マ:このエレメンツについてはコリヤダと比べるとよく分かるね。

ア:質という点で劣っていた。

ア:ここで転倒。これは非常に重いミスだった。

何故なら転倒によるGOEマイナス3に加えてジャンプの繰り返しになるから基礎点の70%しか貰えない。

マ:OK、予想してみようじゃないか

いずれにしても技術点90点を超えるプログラムで、演技構成点でもそう多くはないにしても90を超えるだろう。

つまり180点を余裕で超える得点が出る。

ショートの110点を足すと290を大幅に越える得点になる。

ア:そうだね。彼を捕まえに行かなくちゃならない(笑)

マ:世界選手権を290点で優勝した選手は何人いる?

ア:(笑)分からないよ

マ:たぶんパトリック・チャンの283~284点が最高だと思うよ

ア:つまり

マ:違う、訂正する。彼、羽生だよ。自国の世界選手権で283点で優勝した。

ア:つまりいずれにしても高得点だ。

でも最近、フェルナンデがやってのけたことを考慮すると、まだ勝負は終わっていない。

マ:僕は最終的な得点を見たい

ア:もう出ると思うよ。295点

マ:史上295点を超えた選手はたった二人

フェルナンデスとチャンだ

ア:彼らはこれから滑走する・・・

マ:彼らへの扉が開かれた

ア:そうだね。彼らには可能性はある。まだ試合は終わっていない。

彼はこのフリーで勝負を決めてしまうことが出来たのに、しなかった・・・

☆本ブログに掲載されている翻訳のあらゆる形式での複製(読み上げによる音声での再現、テキスト動画、印刷物などが含まれますがこれに限定されません)、全文の無断転載、Youtube等の他のメディアでの使用は固くお断り致します。

**********************************

ようやくフリーの演技を見返すことが出来ました。
今日まで辛すぎて見られなかった
アンジェロさんもマッシミリアーノさんも『歴代最高得点で圧勝』を期待していたんでしょうね。
アンジェロさんに至っては解説しながら溜息なんかついちゃって、悲壮感さえ漂っていた

いずれにしてもSEIMEIは素晴らしいプログラム
今まで私にとってのフリーのベストプログラムはロミジュリ1だったのですが、SEIMEIに更新されました。

バルセロナで生で見れて幸せでした。
感動と興奮と夢に溢れるシーズンを
本当にありがとう!

Previous Entries Neveitaliaより「ハビエル・フェルナンデス、予想に反して羽生結弦を破り、再び世界王者に輝く」 Next Entries イタリア解説EuroSport版「2016ボストン世界選手権~羽生結弦EX」