イタリア解説EuroSport版「2016マルセイユGPF~その他の羽生選手の話題」

いつものことですが、マッシリアーノとアンジェロさんは他の選手の解説中であっても隙あらば羽生君の話をぶち込んでくるわけです。
エレナさんがその中から特に面白い会話部分を切り取って紹介してくれました。

実況:マッシミリアーノ・アンベージ
解説:アンジェロ・ドルフィーニ

 

ネイサン・チェン選手のショートプログラム演技後
ネイサン選手の映像が流れているのに嬉々として羽生君の話題で盛り上がるお二人

Elena Cさんの動画です!いつもありがとう!
Grazie Elena!!

 

ア:4ルッツに4フリップ、そして3アクセル

現在、これ以上の構成はない、不可能だ

マ:そうだね、現在の採点システムにおけるショートプログラムでは

4アクセルを入れるか

ア:あるいは3ループとのコンビネーションとか

マ:ここ数日間、練習では珍しいものが見られたよ

例えば、シニョール(ミスター)羽生結弦はループ/4サルコウを披露した

ア:(爆笑)

マ:もう一度言う

ループ/4サルコウ

スケートをやっていた者にとって羽生がやっていることは全く想像可能な域を超えている

全てのエレメンツがそうだ

だからクリーンなプログラムを見られないと驚くわけだ

彼に勝つことが出来るスケーターはいるけれど、それは彼(羽生)が別のフィギュアスケートを生み出しているからだ

より複雑なスケート、極限のスケート、狂気のスケート

ア:本当にそうだね

それもあらゆる観点において

だから当然リスクを伴う

マ:バックカウンターからの3アクセルと言えば分かってもらえるだろう

君が説明してよ

ア:本当に難しいことだ

マ:バックカウンターから2アクセルを跳んでみてよ

ア:ダブルでも出来る選手はあまりいない

だからトリプルとなると本当に想像を絶する代物だ

しかも彼は戦意を喪失するほど簡単にやってしまう

でも断言するけれど、決して簡単な入り方ではない

これから彼のショートで見ることが出来るだろう

マ:他の競技に詳しい視聴者に分かるように説明してみよう

スキージャンプに例えると、グラスを載せたお盆を手にスキージャンプを跳んで優勝するようなものだ

そういうレベルなんだ

ア:(爆笑)確かにそういうレベルだね

 

女子のメドちゃんの実況解説中にもアンジェロさんが羽生君に言及

エレナさんの動画です!
いつもありがとう!
Grazie Elena!

ア:この安定感は恐ろしい

これほどハイレベルな演技を毎回出来る安定感は驚異的だ

普通じゃない

僕達は驚異的なことをやってのける羽生の話をよくするけれど、彼にはこのタイプの安定感はない。

勿論、羽生はもっと難しいことをやっている。だから当然だけれど

羽生がやっていることはほとんど狂気と紙一重のことだから

でもこう言えばエフゲニアのこのスペックがどれほど特別なことか分かって貰えると思う。

フィギュアスケート女子シングルに限らず、一般的にハイレベルなスポーツにおいて毎回ハイレベルな演技を繰り返せるこのような安定感は中々お目にかかれない

 

***********************************

『グラスを載せたお盆を手にスキージャンプを跳んで優勝する』って・・・一体どんな例えですか!!!:stralol:

それにしても羽生君は最近自分の星のジャンプ工房で4S/lo/4Sとか3A/Lo/4Sとか4T/3T/3Loとか意味の分からないジャンプを開発し始めたようですね・・・

ループを挟んで4サルコウとか・・・発想がもう・・・普通は思いつかないし出来ない

Previous Entries イタリア解説EuroSport版「2016マルセイユGPF~羽生結弦FS」 Next Entries イタリア解説EuroSport版「2016マルセイユGPF~羽生結弦EX」