イタリア解説EuroSport版「2017ヘルシンキ世界選手権~樋口新葉SP+FS」

樋口新葉ちゃんのショートとフリーの解説から印象的な部分を抜粋・一部要約しました

wakaba_2017WC

実況:マッシミリアーノ・アンベージ(M)
解説:アンジェロ・ドルフィーニ(A)

<ショート>

エレナさんに特別に動画をアップしてもらいました。
Grazie Elena per aver ascoltato mia richiesta personale !💛

M:リンクに降りたのは最も期待されている選手の一人、日本の樋口新葉

日本は怪我が回復せず、出場を断念した宮原を欠いてこの大会に臨む
宮原の不在は重い
何故なら日本の女子選手達にとって五輪3枠の確保が非常に困難になったからだ
現在の日本女子シングルの動向を考えると3枠は絶対に必要だ

A:来シーズン、日本の女子選手達は死に物狂いで戦わなければならない

M: 何故なら日本の少女達は10月からトップコンディションを維持し、歯を食いしばって戦わなければならないからだ

でも今は樋口の演技を見よう
彼女はスケーティングの質という点において、並ぶ者が本当にごく僅かしかいない選手だ。

A:これまでの選手に比べて既に構成が違う

2アクセルの後、スピンとステップシークエンス。

これは残りのジャンプ要素を10パーセントのボーナスが付く後半に移動するためだ

素晴らしい3ルッツ/3トゥループ

3フリップがようやく綺麗に決まった
少しマイナスが付いたのはステップがジャンプから少し遠かったからだ

いずれにしても議論の余地のある戦略だ

M:今回は良かったけれど3フリップは樋口にとってリスクのあるジャンプ
3ループの方が安定している
小数点の差のためにリスクを冒す必要があるだろうか

2001年1月生まれの樋口は今大会最年少の選手だ
日本では将来の嘱望されている選手
ノービスA、ノービスB、ジュニアで優勝している
でも今シーズンは怪我などの問題で苦しんだ

このショートはほぼ完璧な演技だった

A:スケーターの資質は議論の余地がない
これまでに見たカロリーナや他の選手に比べて野心的な構成。全ての3回転ジャンプを後半に移動している

この2アクセルは非常に難しい入り方から跳んでいる

M:今日、樋口より基礎点の高いショートプログラムを滑る選手は誰もいない

A:フリップ、ルッツという最も基礎点の高いトゥジャンプを入れていて、しかも後半に跳ぶから10%のボーナスが付く

コンビネーションジャンプは壮大だ
ルッツは完璧なアウトエッジ

フリップのインエッジはそれほど明確ではないけれど(笑)

M:つまり優勝候補で連覇を狙っているメドヴェデワですら基礎点では樋口に敵わないということだ
確かに小数点の差ではあるけれど

でもこの日本の少女は更にハードルを引き上げようとしている
来シーズン、冒頭の2アクセルを全く違うものにする気だ

A:勿論だ、トリプルになる
そうでなければ2アクセルを冒頭に入れている理由が説明出来ない

M:樋口は65.87点、自己ベストに近い

コストナーに次いで2位

演技構成点29.03は議論しなければならないテーマだ(笑)

A:低いね・・・彼女のスペックを考えても低い

 

<フリー>

エレナさんの動画です
Grazie Elena!💛

 

M:日本の樋口新葉
驚異的な才能

今大会最年少、2001年生まれの16歳になったばかりの選手

少しムラがあるけれど、実力を発揮することが出来れば、注意して欲しい
楽しませてくれる選手だ

A:2アクセル この選手のジャンプの高さと爆発力は並外れている

ルッツがダブルになってしまった
どうリカバリーするか見よう

3フリップ/2トゥループ/2ループ
賢いね

2アクセル/3トゥループ
とても勇敢だったけれど、転倒してしまった

彼女は手持ちのカードを賢く駆使してプレイしたけれど、元々の戦略自体に問題がある

M:この少女を支えるチームは戦略に長けていない
だから多くの人間は彼女が出来るだけ早く新天地に行くことを望んでいる

現時点ではまだその才能を完全に発揮出来ていない
このプログラムは構成という点において今日披露されるプログラムの中で最悪だ
ミスした時のリカバリー想定という点に関してもね
最終的に彼女のリカバリーの判断は正しかったけれど

A:確かに最終的に彼女のリカバリーは正しかった

でも結果的にプログラムのほとんど4分が経過したところで難しいコンビネーションジャンプを跳ばなければならなかった。これは非常に困難なことだ

勿論、2アクセル/3トゥループは彼女の得意なジャンプだけれど
僕はこのコンビネーション(2アクセル/3トゥループ)をデフォルトにするという選択肢も間違っていないと思う
後半のもっと前の段階でこのコンボを入れる

M:僕はこの少女が苦戦しているのを見るのは辛い

なぜなら途方もない才能だからだ

でもマネージメントと言う点において改善しなければならないのは確かだ
来季はライバルが増えるから熾烈な戦いになる

********************************

今大会、世界選手権初出場で五輪枠取りの重圧がかかる中、新葉ちゃんも舞依ちゃんも本当によく頑張ったと思います。それに何といっても新葉ちゃんはまだ16歳になったばかりなのだから

マッシミリアーノさんはジュニア時代から才能という点において新葉ちゃんを誰よりも高く評価しています(女子では新葉ちゃんとポリーナ・ツルスカヤがお気に入りなので、タノでGOEを稼ぐタイプよりジャンプそのものとスケーティングの質が高い選手が好きなんですね)

フリーはミスがあったけれど、生で見ていてもスピードと綺麗に決まったジャンプの迫力は凄かった。
今シーズンのプログラム、ラ・カリファもシェラザードも新葉ちゃんの持ち味を良く引き出していて、私は大好きなのですが、持ち越しはないのかな?(マッシミリアーノさん&アンジェロさん曰く、ショートプログラムは今シーズン女子シングルの傑作のひとつだそうです)

国別対抗戦の演技はライストで見ていて鳥肌が立ちました。
来シーズンは3アクセルにも挑戦するそうで楽しみですね。
女子シングルは代表争いが熾烈ですけど、怪我や不調がなければポテンシャルではずば抜けていますし、基本的にメンタルも強い選手だと思うので、外野の雑音に負けないで平昌への切符を掴み取って欲しい

来シーズンも応援しています!
頑張って新葉ちゃん!!

Comments are closed.