イタリア解説EuroSport版「2017四大陸世界選手権より~羽生結弦SP」

先ほど行われた男子ショートから
羽生結弦選手の演技の解説です

20174CC_SP

Elena Cさんの動画です!いつもありがとう!
Grazie Elena!!

☆本ブログに掲載されている翻訳のあらゆる形式での複製(読み上げによる音声での再現、テキスト動画、印刷物などが含まれますがこれに限定されません)、全文の無断転載、Youtube等の他のメディアでの使用は固くお断り致します。

実況:マッシミリアーノ・アンベージ(M)
解説:アンジェロ・ドルフィーニ(A)

M:次は現オリンピックチャンピオン、日本の羽生結弦の番だ

この四大陸選手権ではまだ優勝したことがない。

それ以外はあらゆるカテゴリーのあらゆる大会を制し、この大会のタイトルだけがまだだ。

もしこの大会を制すればキム・ヨナ、ヴァーチュ/モイア組、マキシム・トランコフに並ぶ偉業だ

シーズン中、100点越えを果たし、ショートプログラムのシーズンベストと歴代最高得点を保持している

最近は111点に近づいた(笑)

A:見てみよう

プリンスの曲

6分間練習は全てが良かったわけではなかった

(演技中)

A:でも重要なのは試合だ

A:前後にイーグルを付けた4ループ

M:どうぞ+2と書いて下さい。最低でもね

A:驚異的だ

ショートでは結弦が実施した最高の出来の4ループだった

M:+2だね

A:ノー!!!2サルコウ/3トゥループ!!信じられない・・・

これは非常に重いミスだ

M:これで10点は失った・・・9点か

A:6分間練習中、このサルコウに手こずっていた

3アクセル!

これはいつものことだけれど並外れている

A:結弦も最後のエレメントは足替えコンビネーションスピン

おそらく50点近い技術点に達するだろう

だから10点足りなかった

(演技終了)

M:2サルコウと4サルコウの得点差は9.2点だ

そして当然のことながら4サルコウなら最大+3のGOEが付くけれど、この場合、いずれにしても3トゥループがあるから最大+2.1。

いずれにしても価値は低いけれど有効なエレメントだ

でも4回転1本、ダブルとトリプルのトゥループを含む3回転2本で50点近い技術点だ(笑)

A:そうだね

でもショートでは羽生がこれまで跳んだ中で最も質の高い4ループだったと言わなければならない

だから試合で見られた史上最高の4ループだった

M:ほとんど完璧だった4ループの出来栄えから考えて、僕は正直もっと高い技術点を予想していたよ。つまりこの内容で100点に到達するのは不可能じゃないと思う

だってよく考えたら彼は4ループより基礎点の低い4トゥループでほぼ111点に達しているわけだし

A:勿論だ

でも・・・今回は・・・4回転1本無しで100点は無理だと思う。

M:そうだろうね。でもそれは他の多くのエレメンツのGOEで取りこぼしたからだ

それに演技構成点でどのぐらいの点が出るか見てみよう

ネイサン・チェンは43.43だったよね

A:いや・・・43.54
M:そうだった

ネイサン・チェンが43.54なら、彼には理論上5点以上高い得点が出る可能性がある

このプログラムはより繋ぎが豊かだ

A:勿論、より豊かなプログラム。議論の余地はない

それにいずれにしてもいい演技だった

でも・・・残念だ

本当に残念だ・・・

あの4ループなら新記録に達したかもしれなかった・・・

これは軽々と決まった3アクセル

バックカウンターから跳んでいる。

それに見て欲しい、彼は着氷後すぐに別の動きに繋げている

羽生のは非常に複雑なフィギュアスケートだ

非常に繋ぎの豊かなプログラム

ステップシークエンスも非常に良かった

でも中々レベル4が取れない

M:今シーズン、マルセイユではショートで技術点59.18を獲得した

ここでは50点にわずかに届かない

見てみよう

演技構成点では僕は47点前後の点が出ると思う

A:47点、僕もそう思う

M:だから100点からそう遠くない点が出るだろう

でもネイサン・チャンに比べると点差を付けられるだろう

A:10点差は演技構成点だけではどうやっても埋められないからね

例え最高の50点を獲得したとしてもね

M:僕は技術点はもう少し高いと思ったけれど

おそらく幾つかのエレメンツのGOEが満点じゃなかったんだね

ステップシークエンスのGOEに関する議論(レベル3とレベル4で係数が違う)も忘れてはならない。今回どのレベルだったか見てみよう

それに確かに4分間練習中、サルコウで苦戦していたけれど、通常、羽生にとっては鉄板の4回転ジャンプだ

A:そうだけど、大体エッジジャンプの方が裏切るジャンプなんだ

だからよりミスのリスクが高い

さあ、トータルで何点に達するか見てみよう

技術点は50点以上、47点に近い演技構成点

M:僕の予想通りだ

A:その通り

M: 97.04

コンボがダブル/トリプルでだよ(笑)

A:最終的に君の言っていた10点が足りなかった

ダブル/トリプルのコンボは最も得点の低いコンボだからね(笑)

だってこれより得点の低いコンボは存在しない

プロトコル>>

 

********************************

欧州選手権の実況中にマッシミリアーノさんが、ユロスポが四大陸選手権の放送権を獲得したと誇らしげに宣伝していましたので、放送を楽しみにしていたんですけど・・・
(ありがとう!ユロスポ!:awww:

でも番組表を確認したら女子ショートは全く放送されず、アイスダンスは録画放送1回、男子ショートだけ生中継に加え、午後と夜中に2回も再放送される非常に偏った放送スケジュールで(朝の時点では再放送3回の予定だったのですが、羽生君が3位になった影響からかさっき見たら2回に減っていました)・・・局の意向なのかマッシミリアーノさん達の一存なのか・・・

4ループが綺麗に決まったので歴代最高得点更新か!と思ったのですが(解説の2人も同じことを期待したはず)まさかサルコウがダブルになるなんて!!!(涙)

でも羽生君は確か追いかける方が得意だったはず

なので前向きに
ポジティブに

フリー頑張って!

Previous Entries DOPPIO AXELより「マリーナ・ダガタ~フィギュアスケートの声」 Next Entries イタリア解説EuroSport版「2017四大陸世界選手権より~羽生結弦FS」