Get a site

イタリア解説Rai Sport版「2017ヘルシンキ世界選手権~羽生結弦EX」

ヘルシンキワールドから
氷上の魔法~スワン・・・

☆エレナさんの動画です。いつもありがとう!
Grazie Elena!💛

実況:アリアンナ・セコンディーニ(A)
解説:フランカ・ビアンコ―ニ(F)

A:フェノーメノ(超常現象)、羽生結弦
世界チャンピオンです
イル・ヴォ―ロの曲
ノッテ・ステッラータ

A:この轟音は世界チャンピオンへのスタンディングオベーションです。
羽生結弦
ハートウォールアリーナ全体が彼の足元にひれ伏しています。

F:ここではまさに彼の能力、鳥肌を起こさせ、雰囲気を作り上げることが出来る能力を証明しました。
会場全体が息を止め、彼に引き込まれていました。
トリプルやクワドを超えて彼に可能な能力です。
だってこのプログラムには3アクセル1本しか入っていません。
リンクの半分を占める巨大な3アクセルですが(笑)
そして荘厳で巨大なシングルアクセル
でもジャンプを見せる競技的なプログラムではありません。

A:これはまさに感動と表現に重点を置いたプログラムです。

F:そして羽生は世界観を作り上げることに成功しました。

A:魔法です。
これは魔法なんです
私達は彼とカロリーナ・コストナーとエフゲニア・メドヴェデワによって生み出された魔法を見ました。
見て下さい、何という演技でしょう
これ以上、何を望むというのでしょうか

 

ブログ内の翻訳及び記事のあらゆる形式での複製(読み上げによる音声での再現、テキスト動画、印刷物などが含まれますがこれに限定されません)、無断転載、濫用、Youtube等の他のメディアでの使用はご遠慮下さい。翻訳の一部を引用する場合には、必ず出典を明記し、当該ページのリンクを貼って頂きますようお願い致します。

****************************
☆幻想的なスワン
まさに魔法でした。
エキシではお客さんはあまりスタンディングオベーションをしていなかったのですが、スワンは会場総立ちでした。

昨晩、思いがけずユロスポチャンネルでユニバーシアード冬季大会の男子フリーがマッシミリアーノさん達の実況で放送され、最初の方のグループとか選手の解説そっちのけで、新ルールの問題点について痛快トークを繰り広げていたので、そっちを翻訳しようかなとも思ったのですが、もうすぐ3月11日だし、スワンの演技でしっとり行くことにしました!

Published by Nymphea

管理人/翻訳者(イタリア在住)。2011年四大陸チゴイネ落ち