イタリア解説RaiSport版「スケートカナダ2019~羽生結弦SP」

マンマ解説でおなじみのRai Sportチャンネルの実況解説から

エレナさんが動画をUPしてくれました!
Grazie Elena!💛

実況:アリアンナ・セコンディーニ(A)
ファブリツィオ・ペドラッツィーニ(F)

A:さあ彼です!
並外れたスケーター

F:待望のユヅル

A:氷上に彼が降り立つと時間が止まる
氷上の彼を描写するには本当に宇宙の形容詞を使わなければなりません。

F:エイリアンだ

F:4サルコウ

F:ツイズルから跳んでツイズルで締めくくる3アクセル

F:(笑)4トゥループ/3トゥループ

(演技終了)

A:これが羽生結弦に対するケロウナの観客の反応です。
羽生結弦が氷上に立つと、いつものことですがウィニー・ザ・プーで氷上が埋め尽くされます。
彼と切り離すことが出来ない幸運のお守り
皆さん・・・マンマ・ミーア・・・

本当に途方もないスケーターです。
彼を見ていると心が満たされていきます・・・
私はファブリツィオとここ現地で見ていますが、彼は音楽の全ての音を際立たせています。

そしてこのエフォートレス
全てのジャンプが何もないところから出てくるのです

F:マンマ・ミーア・・・マンマ・ミーア

A:全く力が入っていません

F:僕の意見では彼はスケーターではなく氷上の音楽だ。
君の言う通り、そして僕達がもう何年も前から思っていることだけれど
彼には恐ろしいほどの音楽性がある。
彼は一つ一つの動作を音符、そしてピアノのタッチや音色と同調させながら実施する
そして音楽の持つ鮮烈さを表現する彼の能力は驚異的だ。

彼が音楽なのだ

音楽がクレッシェンドすると彼もクレッシェンドする
音楽がラレンタンドすると彼もラレンタンドする。

そしてこのエフォートレス
全く力むことなくエレメンツを実施する恐るべき能力

最初の4サルコウは・・・
写真などでよく見る水溜まりの静止した水面に水滴が落ちて波紋が広がっていくイメージ
静寂の中で起きる魔法のような現象
まるで水しぶきを全く立てずに水滴が水面に吸い込まれていくようだ・・・

A:マンマ・ミーア
私たちはリプレイを見ていますが
彼が音楽
彼の中に音楽があるのです

F:これは最初の4サルコウだけれど
見てよ
彼は飛行し、そしてしなやかに降りてきてそのまま動き続けていく
驚異的だ・・・全く振付を中断していない

これはツイズルからの3アクセル
着氷してそのままツイヅルを続けていく
荘厳なコントロールだ
荘厳だ

そしてこれが・・・
やっと完璧でないところを一つ見つけた
4トゥループの着氷でかなり堪えるが3トゥループを付ける(笑)
僕はユーモアを込めて言っているけれど、彼が生み出す魔法と比較したらこれは小さなミスだったと言える。

これはステップシークエンス。
驚異的な鮮烈さ
非常にナチュラルな身体と腕の途切れることのない動きが旋律と完璧に同調している。

最後の2つのスピン
ステップシークエンスの前、一瞬の溜めの後で、彼は爆発する。
観客の興奮は最高潮に達する。
これが結果だ。

A:本当に言葉がありません。

F:僕は鳥肌が立っている

A:私達は彼を形容するのにもはや宇宙から言葉を拝借しています。
火星の、地球外生命体、銀河の、ファンタスティコ etc…
本当に途方もないスケーターです

F:新しい言葉を発明しないといけないね

A:日本では彼はアイドルです
超常現象、羽生結弦は絶対的なアイドルで、あらゆるところに彼のポスターが飾られ、もはや彼が主役を務めるコマーシャルが幾つあるのか分かりません。
ですから本当にスターなのです。
ただのスケーターではなく、正真正銘のスターです。

F:それに驚異的なほど自信にみなぎっている
彼はみなぎる自信と衝撃的なカリスマ性を発しながらリンクに入る。
衝撃的だ・・・

(得点表示)

A:106.60点(笑)
彼は別の試合をしています。

F:(爆笑)

A:技術点61.13、演技構成点48.47
多くの10点があります
スケーティングスキルは9.64
トランジション9.50
パフォーマンス9.79
振付9.50
音楽の解釈9.79

F:10点が6個ある

A:ブライアン・オーサーは笑っています。
彼はもう慣れていますから
一方、観客の中には泣いている人もいます

*****************
宇宙の言葉w
でも本当にそうです。
私も感想を書きたいと思いつつ、あまりにも凄すぎて本当に言葉が浮かんでこない(語彙力・・・)
マッシミリアーノさん達はダンテの「神曲」とかヨハネ福音書から引用していましたw
本当にそういうレベルです。

今週、OA Sportには小論文のような「アンベージ・ウィンタースポーツコーナー」第2回を始めスケカナ関係の記事が怒涛のように掲載され、水曜日にはスーパーマジンガンポッドキャスト「Kiss&Cry II」第2回(恐怖の132分😱)が放送され、訳したいマテリアルは山のようにあるのですが、最近仕事が非常に忙しく翻訳する時間があまり取れません(しかもPCの調子が悪い😭・・・本当に1日24時間とは別にハニュー時間が5時間ぐらい欲しいです・・・)

NHK杯まで時間がありますので地道に訳していきたいと思います。

Previous Entries ポッドキャストKiss&Cry II第1回(その2)「エテリ・トゥトベリーゼのトレーニングシステム~他」 Next Entries ポッドキャストKiss&Cry II第2回(その1)「羽生結弦と魔法のオーラ」