Get a site

イタリア解説RaiSport版「四大陸選手権2020~羽生結弦EX」

マンマ解説でお馴染みのRai Sport放送の四大陸選手権エキシビションから
羽生結弦選手の演技の実況です。

エレナさんの動画です。いつもありがとう!
Grazie Elena!♥

実況:アリアンナ・セコンディーニ(A)
解説:ファブリツィオ・ペドラッツィーニ(F)

A:準備はいいですか
オリンピックチャンピオン
偉大な羽生結弦はこう紹介されました

F:羽生結弦はこの四大陸選手権からプログラムを変えたけれど、多くのミスがあったから、おそらくもっと滑り込む必要があるのだろう。

A:世界選手権は3月21日の男子のプログラムで幕を閉じます。

A:偉大なチャンピオン
四大陸選手権は彼の驚異的なコレクションに足りなかった最後のタイトルでした。
そして2020年のこの大会でこのタイトルもコレクションに加わりました。

あなたが言ったように彼はプログラムを変えました。
本当に素晴らしかったショパンのバラード。
SEIMEIはおそらくもっと磨く必要があるのでしょう。

今シーズン、彼に対する評価が非常に厳しいのは間違いありません。
例えば、演技構成点は重爆の隅をつつくように評価され、おそらく幾つかの得点は低過ぎた思います。
でも今回のSEIMEIは以前ほど説得力がありませんでした。

F:おそらく準備が十分でなく、疲れていたのかもしれない。
彼の才能は火を見るより明らかだけれど、試合で、パフォーマンスの内容の中で集中出来ていない部分が多すぎた場合、残念だが評価に反映されてしまう。

************
ホープ&レガシーは本当に心が浄化されるプログラム。
演技を見ているだけで心に清流が流れ込んでくるように癒されます・・・

イタリアではコロナウイルスの感染が日々拡大し、ニュースも新聞も毎日この話題一色です。でも実際には、昨日ぐらいから回復した人の数が新たに感染した人の数を超えています。
そして発表されている3000人を超えるイタリアの感染者数はあくまでも検査で陽性だった人の数であり、実際に発熱や肺炎などの症状が出ている人の数ではないのです。

ここ一カ月というもの、史上最悪の疫病にようにドラマチックに書きたてて大騒ぎしていたイタリアメディアは自分達の過剰な報道が自国の経済を破壊していることにようやく気付いたようで、先週辺りから「危険な病気ではない」「ただのインフルエンザ」と一転して「コロナウイルスは怖くない」報道に切り替わり、火消しに回っています。
しかしながら、イタリア経済の受けた打撃は深刻で、観光産業や外食産業だけでなく、あらゆる分野に影響が及んでいます。

私も仕事の予定が色々狂ってしまって、ちょっと落ち込んでいたのですが、今日、久しぶりにこのエキシ版H&Lを見て元気をもらいました。

世界選手権まで2週間。
今のところ予定通り開催されるようで良かったです。
羽生君が元気で思い通りの練習が出来ていますように・・・

Published by Nymphea

管理人/翻訳者(イタリア在住)。2011年四大陸チゴイネ落ち