イタリア解説RaiSport版「2016スケートカナダ~羽生結弦FS」

マンマ解説でお馴染みのRaiSportチャンネルで今日放送された男子FSダイジェストから羽生結弦選手の演技の解説です。

アリアンナさんがいなくて、ジョバンナ・カロッロさんという器械体操と新体操の実況をしている人が実況担当でした。

フィギュアスケートについてはほとんど知識がないようで時々「え・・・???」となる発言がありますがご容赦を

2016SC_FS2

Youtube版動画>>

フォーラムのIce Princessさんの動画です。Grazie Ice!!💛

エレナさんも動画を上げてくれました!Grazie Elena!💛

実況:ジョバンナ・カロッロ
解説:ファブリツィオ・ペドラッツィーニ

 

(演技前)

ジ:次は男子です

いきなり大物から始めましょう。

ショートプログラム4位の羽生結弦からです

ファ:ショートプログラムは残念な結果だったけれど、4ループと4サルコウでミスがあり、ジャンプ要素で決まったのは3アクセルだけだった

エイリアン、僕達は彼をこう呼んでいる

ジ:エイリアン?

ファ:なぜなら彼のような選手は本当に稀有だから

(演技中)

ファ:4ループ

ショートと同じように回転し切ることが出来なかった

ファ:4サルコウ

ファ:3フリップ

ファ:2サルコウ‐3トゥループ

ファ:4トゥループ(笑)

ジ:エイリアンね(笑)

ファ:3アクセル‐2トゥループ

ファ:3アクセル‐ループ‐3サルコウ

ファ:まるで何でもないことのように3ルッツ

(演技後)

ジ:(最後のバランスを崩した部分)このミスは残念ね。ここまでは旋律の1音1音に完全に同調していた

ファ:そう、これは彼の特徴だ。彼には驚異的な音楽性があるんだ

ジ:そうね、彼の趣味が音楽鑑賞だそうだけれど、それが伝わってくるわ

昨日のショートでも言ってけれど、すごくよく伝わってくる。

選んだ音楽とまさに一体化することが出来る

ファ:彼には全てのエレメンツ、動き、ステップ、ニュアンスを音楽で際立たせることが出来る素晴らしい能力がある。僕はプログラム開始から3秒後にはもう鳥肌を起こさせる彼のパフォーマンスを思い浮かべことが出来る。

旋律に同調している・・・驚異的だ

観客がどれほど彼を愛しているか見てよ!

ぬいぐるみを見てごらん

彼の幸運のお守りはクマのプーさんなんだ

ジ:プー?本当、たくさん投げ込まれているわね

ファ:観客がみんな

彼は本当にアイドルなんだ。

なぜなら彼は別次元のパフォーマンスを披露して他の全選手達を驚異的なほど引き離した。実際に生で見ると彼のナチュラルさ、回転に驚嘆させられる

彼のコーチ、ブライアン・オーサーと抱擁している

ジ:ブライアン・オーサーはトレーシー・フィルソンと一緒にこの非常に年若いエイリアンを育てているのね。

ファ:別次元から来た非常に年若いエイリアン

実際に見るととてもほっそりしていて、空中での回転速度がすごい

何が凄いかというと彼は全てをまるでとても簡単なことのようにやってのけてしまうことなんだ

彼は今日4ループ、4サルコウ、後半に4トゥループを跳んだ

プログラム後半のジャンプは体力的にきついからボーナスがもらえる

でも彼はトゥを突き、まるで何でもないことのように実施してしまう

そしてものすごく謙虚だ

いつも感謝を忘れない

見てよ

ジ:彼のお祖母ちゃんと叔母さんとお母さんね

ファ:(笑)みんな泣いてる

みんな彼らのアイドルを追いかけている。だってきっと日本から来たんだろう

ジ:(観客の女性3人が彼の身内というのは)もちろん冗談でけど・・・きっと彼のファンよね

ファ:間違いなくファンだろう

ジ:彼なら喜んで追いかけたくなるわ

ファ:4ループ、彼は軽々と跳んだけれど着氷で右足のつま先が前のめりになった

これは2本のジャンプ、4サルコウ

あまりにも自然体、どれだけリラックスして着氷しているか見てよ

まるで「僕にとってこれは日常茶飯事だ」と言わんばかりだ

ジ:流れるようだわ

ファ:そう、流れるようなんだ

この4トゥループを見て、パン!

3アクセル、彼はループを挟んで3サルコウとのコンボで跳ぶ

彼はこれら全てを・・・言ってみれば技術をあまり使わずに自然体で行う。

勿論、技術はあるし、そうでなければこんな風に跳ぶことは出来ないけれど、彼は自然に跳んでしまうんだ。

ジ:全てがナチュラルね

私たちが見た最後のふらつきは・・・

得点が早速出たわね

183.41点で首位に立ったわ

技術点は96.29、減点があるわ

これは私達が見たプログラム最後のミスのせい?

ファ:いや、減点は転倒のマイナス1だよ

ジ:そう?じゃあ私は何か見逃したのかもしれないわ

ファ:つまりプログラムに転倒と判定されるエレメントがあったということだ

ジ:私は見なかったわ・・・

ファ:どこで転倒と判断されるエレメントがあったのか理解しなければならない

転倒の定義は制御がうまく出来ずに身体の大部分が氷に接触してしまうことだ。

だから彼の振付とパッセージでこのエレメントのあった場所を確認しなければならない

 

 

************************************

減点1は誰がどう見ても4ループの転倒だと思うんですけど・・・
見なかったって・・・大丈夫かな・
・・
あるいは転倒以降の演技が素晴らし過ぎて転倒のことを忘れてしまったのかも・・・

観客の日本女性3人が羽生君の身内とか・・・ウケを狙ったにしてもあまりにも寒いジョークにユヅリーテ達はみんな凍ってました(笑)

Raiチャンネルの番組表は天気予報並みに当てになりません・・・

昨日の番組表では女子とペアのショートプログラムと書かれていたので男子ショートも放送され(おかげで録画し損なった)、昨日までは木曜日は19時45時から放送のエキシだけと書かれていたのに、実際に今日になってみたらエキシがなくてお昼に全カテゴリーのフリーが放送されました(朝番組表を確認したのでこれは録画出来た)。

でエキシはいつ放送されるんだろう・・・

Previous Entries ISU公式インスタより「内から輝く者にスポットライトは必要ない」 Next Entries イタリアフォーラムより「2016スケートカナダ感想(その1)+アンケート」