イタリア解説RaiSport版「2016NHK杯~羽生結弦FS」

昨日Rai Sportチャンネルで放送された男子フリーから 羽生結弦選手の演技の解説です

2016NHK_FS4

☆Elena Cさんがもう動画を上げてくれていました!いつもありがとう!
Grazie Elena!

実況:ジョバンナ・カロッロ
解説:フランカ・ビアンコーニ

(演技前)

ジ:羽生結弦の番です

日本のもう一人のアイドル

フ:私は世界で初めて300点を超えた彼を愛しているのよ

ジ:田中がホープなら羽生はエースね

フ:彼の演技を待ちましょう

このプログラムでは4回転ジャンプが4本予定されています

(演技中)

フ:4ループが決まりました

すごく良かったです

フ:4サルコウも同様、いとも簡単に

ステップから3フリップ 何もないところからいきなりジャンプ

2本目の4サルコウで転倒

フ:でも4トゥループはハマったわ

3アクセル/3トゥループ

3アクセル/1ループ/2サルコウ、素晴らしい

3ルッツ

(演技後)

ジ:何という奇跡的な素晴らしさ、フランカ!

フ:TESカウンターの数字が全てを物語っているわね!

ジ:文字通り氷と一体化して滑っていた

全く力を使っていないように見える

何て表現したらいいのか・・・

フ:自然体なのよ

彼はナチュラルに滑る

とてもしなやかなスケーター

とても細身の体型によってより楽に回転することが出来るから、彼はまるで何でもないことのように4回転ジャンプを跳ぶのよ

今シーズンからこれまで入れていなかった4ループを初めて披露することを決意し、フリープログラムに4回転ジャンプを4本組み入れることにした

だから常に高みを目指し、より一層難度の高いプログラムに挑戦している

ジ:しかも彼にはそれが出来ている

フ:そうなのよ

でも私の意見では、このことがまだ少しコンポーネンツに影響を与えていると思うわ

表現やクリーンな動き、ステップ、感情的に引き込むという点においてこのプログラムはまだ100パーセントではないわ

でも今はまだ(ジャンプ構成)にプログラムを適応させている段階で、それに合わせた選択肢を取っているんだと思う。今の段階ではジャンプに重点を置くという選択をしているのね。

4本の内、3本の4回転ジャンプは本当に素晴らしい出来だった

サルコウは惜しかったけれど

ジ:キス&クライでの彼を見ると汗ビッショリで疲れていて、身体的にハードだったことが分かるけれど、滑っている時の彼からはそんなことは露ほども感じられないわね。

フ:大変そうに見えないということは、そのスケーターの究極の価値を物語っているのよ

もの凄く難しいことでさえ、全く何でもないことのように見せてしまう

最初の4ループ、かなり傾いているけれど、ブライアン・オーサーの喜びを見て! この冒頭の4ループが決まって、歓喜で飛び跳ねているわ

本当に素晴らしい出来だった。

こらえているけれど、だって着氷するのは本当に難しかったのだから

この4サルコウの軸は完璧ね。全く力まずに自然に着氷している

カメラを構えているカメラマンの群れを見て

(日本におけるフィギュアスケート人気の話題は省略)

ジ:このスピンの動きと流れは見て

本当にナチュラルだわ

フ:フライングシットスピンね

hydroこれはトランジションの一つ
そんなに難しい技というわけではないけれど、とてもインパクトがあるから、観客が拍手喝さいしているわね

何の問題もなく首位を守るでしょうね(笑)

ジ:得点が出ているわね
演技構成点は92.52
全ての項目で9点を超えています

フ:スケートカナダでは予想よりずっと低い得点で驚いたけれど
最初の試合は本当に低い点だった。
でも今回は彼のスタンダードに近い得点が出たわね

ジ:197.58点はシーズンベスト

ショートとフリーの合計は301.47点

フ:またしても300点を超えたわね!

耳を澄ませて300点を超える点数を聞いていたのよ

彼にとっては3度目の300点越え

最初は長野、次にバルセロナのグランプリファイナル、そしてこの・・・

ジ:札幌ね

フ:札幌のNHK、彼のホームでね

 

(ネイサン・チェン選手の演技の後)

フ:これは簡単そうなプログラムではないわね。

彼がとても難しいことを頑張ってやっていることが伝わってくるし、本当に大変そうに見えるところがプログラムの彼方此方にあった。

これが羽生との違いね。彼は全てをいとも簡単そうにやってしまう。

*********************************

スケートカナダも今回もRai Sportではエキシが放送されなかったので残念です・・・
マンマ達のイル・ヴォ―ロ版スワンの感想を聞いてみたかった
イタリア語の歌詞がついた選曲に歓喜しそうですね

Previous Entries イタリア解説RaiSport版「2016NHK杯~羽生結弦SP」 Next Entries イタリア解説Euro Sport版「2014バルセロナGPF~羽生結弦FS+インタ」