イタリア解説RaiSport版「2017欧州選手権~カロリーナ・コストナーSP+FS」

GPFのユヅリーテ達の感想の翻訳がまだ途中なのですが、ユーロのカロリーナの演技があまりにも美しく、マンマ達の解説があまりにも感動的で温かかったので思わず翻訳してしまいました!

実況:アリアンナ・セコンディーニ(A)
解説:フランカ・ビアンコーニ(F)

翻訳は印象的だった部分の抜粋です

<ショートプログラム>

Ice Princessさんの動画です。 Grazie Ice!!

A:カロリーナ・コストナー・ファンの皆さん、芸術、格調、そしてエレガンスが銀盤に戻ってきます

頑張って、カロリーナ!

(演技後)

F:すごいわ、カロリーナ!

A:カロリーナが戻ってきました!!!

あなたがいなくて私達はどれほど寂しかったことか!
カロリーナ・コストナー、私達の銀盤の女王!
彼女の華々しい復活に皆歓喜しています
本当に決然としていたカロリーナ、格調、エレガンスそして芸術
フィギュアスケートとは何か、私達に見せてくれました
皆さん、これがフィギュアスケートです

技術とエレガンスのミックス

今からテクニカルシートを見て行きますが、彼女も言っているように結果は重要ではありません。
重要なのは全てを出し尽くすこと

それにしてもミーシンは無表情ね
きっとここがダメだった、あそこが足りなかったとダメ出ししているのよ(笑)

F:最初の3T/3Tは流れも良くて何の問題もないわ
少し軸が傾いたけれど、上手く立て直した
フライングスピンでは私もちょっと思ったんだけど、チェンジポジション後の長さが足りなかった
ループは軽々跳んでいたし、着氷もよかった
このレイバックスピンは・・・私はレベル4を取れると思ったけれど、テクニカルコントローラーはレベル3と判断しました。
おそらく入り部分が曖昧でカウントされなかったのね

2アクセルも完璧
ジャンプに関しては全く何の問題もなかった

A:GOEでも高評価を受けたわ

F:私がもう少し高い得点が取れると思ったのがステップシークエンスで、現時点ではレベル3の評価になっている
おそらく幾つかのクラスタが考慮されなかったのかもしれない
もう一つのスピンもレベル3だった

それ以外は本当に素晴らしかった。

彼女にとってはクリーンな演技をすることがとてもとても重要だった
高い演技構成点が出るはず

勿論、彼女は今シーズン2試合にしか出場していないから、これからプログラムをもっと強化していなかなければならない

A:でも彼女の顔を見て下さい
満足感と緊張と感動の入り混じった表情!本当に美しいわ

72.40点!

カロリーナが戻ってきました!

F:最後の最後でステップシークエンスの評価がレベル4に変わりました(笑)

A:本当に素晴らしかったもの!

 

<フリープログラム>

Ice Princessさんの動画です。 Grazie Ice!!

A:3年の時を経て、カロリーナはここに戻ってきました。
でもまるで時間が経過していないように全く色あせないその芸術と魔法を引っ提げて
ここで彼女の素晴しいフリープログラムを披露します。
ヴィヴァルディのNisi Dominus
彼女自身が前衛音楽と捉えている曲です。
女性の強さを語る音楽
カロリーナにどれほどの強さがあったことか
振付けはローリー・二コル、コーチはアレクセイ・ミーシン

頑張って、カロリーナ!

(演技後)

F:ブラーヴァ
予定されていた全てのエレメンツが入ったわ!
ブラーヴァ、ブラーヴァ

A:何というスペクタクル

ブラーヴァ

氷上で芸術と舞踏が融合されたプログラム

偉大なスケーター

観客は総立ちです

あらゆる意味でカロリーナ・コストナーはこのスタンディングオーベーションに相応しいわ
3年後、しかも心ならずも騒動に巻き込まれた後、彼女は再び立ち上がり、戻ってきた。
本当に多くのことを勉強・研究し、猛練習した

そして今、彼女はここにいる

F:ミーシンを見て(笑)

A:早くリンクから出ろとせかしているわね(笑)

F:ファンタスティコね(爆笑)

A:さっさとキス&クライに行けと指図したわね!ファンタスティコ(笑)

F:私は思うに幾つかのエレメントと格闘したけれど、彼女は冷静さを失わなかった。

現時点ではうまく調整出来なかった3ルッツをプログラムから抜く戦略を取っているから、
冒頭に3T-3T、3フリップ、3ループ、ステップシークエンスは今のところレベル3、スピンはフライングキャメルはレベル4、フライングコンビネーションもレベル4、それからコンビネーションスピンはレベル3

2本目の3ループ/2Tが今、回転不足と判定されました。大きなミスではないけれど、これで数点失うことになる

A:この瞬間を満喫するのよ、カロリーナ
あなたにはその資格がある

(得点発表)

A:素晴らしい得点!138.12!
この得点、210.52点で第2位

残るはアンナ・ポゴリラヤだけ
カロリーナは表彰台決定です
あなたはそれに相応しかった

*************************************

カロリーナの演技は本当に見ていて鳥肌が立ちました
この
スピード、スケーティング、そしてこの世界観は彼女だけのものだと思います。

カロリーナはマンマ達が『私達の天使』と呼ぶほど人間的にも本当に心優しい純粋な人だそうですが、そんな純粋さ故に元婚約者のドーピング問題に巻き込まれて3年間も競技出来ず、メディアにも心無いことを書き立てられて本当に苦しかったと思います。
長いブランクの後でここまでレベルを戻すためにどれほど血の滲むような努力したことでしょう(しかもミーシン滅茶苦茶厳しそう・・・)
でもそんなことを微塵も感じさせない、見る者の心を浄化する本当に清らかで美しいプログラムでした。

昨年の欧州選手権の時のことですが、女子の試合中にイタリア解説陣(この時は確かアリアンナさんとファブリツィオだったと思います)の実況席にいきなりイタリア・スケート連盟の会長が入ってきたことがあったんです。

そうしたらアリアンナさんが「せっかくですから、会長も解説に参加して下さい」
と会長に飛び入り解説させた上、いきなり

「カロリーナのことですけど・・・会長はどうお考えですか???」
(当時、出場停止期間を巡ってスポーツ仲裁裁判所とまだ揉めていた)
カロリーナは人間的にも本当にいい子で、こんなことに巻き込まれるべきではありません。
これまで彼女がイタリアのスケート界にどれほど貢献してきたか考えてみてください。スケ連としても彼女を救えるよう尽力して下さい」

と実況そっちのけで会長に直訴して、会長はタジタジになっていました(ちなみにRaiは国営テレビなのでNHKのようなものです)。

例えばNHK杯の実況席に橋本聖子さんが乱入してきて解説に参加し、織田君辺りが、「ところで橋本会長・・・」とタブーになっている話題について詰問するとか・・・:waitafraid:絶対にあり得ないですね・・・

イタリアのスポーツ実況は自由でいいな~

言論の自由と言えばユーロスポーツ・チャンネルのマッシミリアーノさんは良くも悪しきも言いたい放題ですが(褒める時は手放しに誉めますが、回転不足やプレロテのあるジャンプはジャッジが認定していても容赦なく指摘・分析しますし、イタリア・スケ連の選考についても堂々と批判します)、今大会でも相変わらず実況中に大会に出場していない選手の話題をぶち込んで暴走しているようです・・・
こちらはエレナさんがその部分を抜粋して動画にまとめてくれるそうなので、それから翻訳したいと思います!

Comments are closed.