イタリア解説RaiSport版「2018欧州選手権~女子SP上位3選手」

マンマ解説でお馴染みのRai Sport放送の欧州選手権女子ショートの実況から

アリーナ・ザギトワ、エフゲニア・メドベデワ、カロリーナ・コストナーの演技の解説から印象的な部分を抜粋します(ユーロスポーツでは残念ながら放送されませんでした~涙・・・)

実況:アリアンナ・セコンディーニ(A)
解説:フランカ・ビアンコーニ(F)

 

カロリーナ・コストナー

☆Brau Avitia 2さんの動画です。Grazie!

 

F/A:ファンタスティカ!!!!(ファンタスティコの女性形)

A:本当にファ・ン・タ・ス・ティ・カ!!!

カロリーナの驚異的な喜びを見て下さい。私達のすぐ傍に座っているカロリーナのお母さんも歓喜しています。

偉大なカロリーナ!!!

心臓がバクバクしています。

何というエネルギーをつぎ込んだことか!

F:モスクワの観客が総立ちです

A:見たでしょう!最後のスピンでもう観客は拍手し始めていました

彼女は銀盤の女王です

F:ファンタスティコなプログラム
全ての要素でレベル4を獲得しています。

エネルギッシュで驚異的なほど役にのめり込んでいました。
それに今日は技術的にもとても良かったです

3トゥループの着氷で戦ったけれど、すぐに四肢をしっかり伸ばして美しいポーズで着氷しましたので、堪え気味になったことを忘れさせてしまいます。

3ループは簡単に跳んでいました。

2アクセル直前のフォーリーの着氷が少し不安定だったけれど、彼女は冷静にエッジを立て直しジャンプを実施しました

スピンは全てレベル4

ステップシークエンスはレベル4で全てのジャッジが+3を付けました。

A:ステップシークエンスの評価は全シーズン通してこうなのです。このような評価を得ることが出来るのは彼女だけです

F:ステップシークエンスは彼女の強みですからね

 

エフゲニア・メドベデワ

A:さあ怪我から復帰した彼女の演技を見ましょう。
彼女はこのプログラムを魂の純粋さを見せるための「魂の飛翔」と定義しています。
これは彼女の心臓の鼓動です

(演技後)

F:驚異的です

A:最後に再び録音された彼女の心臓の鼓動と呼吸が聞こえます

F:エフゲニアは鉄のメンタルと驚異的な意志の強さを持っていると私は思います。

何も彼女を怯ませることは出来ないし、これこそが彼女を偉大なチャンピオンにしているのです。

他のどの選手であっても、もしオリンピック2か月前に足の骨折というアクシデントに見舞われたら一体どうなっていたか私は見てみたいです

でも彼女は・・・私が思うに彼女はその間、陸上練習か、あるいは何らかの方法で振付に磨きをかけました。私にはこのプログラムが以前よりずっと洗練されているように見えます。

A:この点において彼女はカロリーナと張り合えるレベルになってきたと私は思います。
演技構成点はカロリーナの強みだから。
でも私も彼女がこの点に重点的に取り組み、非常に上達したと思います

F:最初の動作からすぐそのことに気が付きました

(動作が)より大きくなり、より洗練され、より意味合いのある動きになっていて、驚異的な美しさでした。

3フリップの踏切はあまりよくありませんでしたが、鋼の意志で着氷後、一瞬待ってから3トゥループを付けました。

そして怪我をしていたこの数か月間、彼女が力を入れてきたであろうもう1つの点が痩身です。身体が大幅に絞られ、非常に軽くなりました

A:テレビでは分かりにくいですが、実物を間近で見ると本当にガリガリです。

F:すごく痩せていますが爆発力とスピードがあります。

唯一のミスが2アクセルでした

 

アリーナ・ザギトワ

F:衝撃的です!!!

A:観客の歓声を聞いて下さい!!!本当に衝撃的です

F:驚異的なエネルギーです

A:今大会最年少の選手で、これが彼女の欧州選手権デビューです

何というプログラムでしょう!

F:スペクタクルです。

今晩の演技はコンポーネンツにおいても私を心から納得させました。

これまでまだ子供っぽくて幼さがあり、成熟した女性のスケートではないという批判がありましたが、今日の彼女は・・・本当に心底から役に入り込んでいました。

これほど揺るぎなく、これほど自信に満ち、微塵の不安も感じさせませんでした。

どのジャンプにも自信を持って入っていきました。驚異的な回転速度のスピンはどれも素晴らしく、ステップもレベル4で音楽に合わせて見事に実施されていました。

これは素晴らしいプログラムです。本当に美しいプログラム

私はメドベデワを上回ると思います

A:そうですね。だってコンビネーションが

F:その通り。彼女の3Lz-3Loは3フリップのコンボよりずっと基礎点が高いです

A:(コンボの得点は)11.86点に対して13.61点です。

F:それに彼女はミスをしなかったから

だから技術点では大幅に彼女が上回るでしょう。演技構成点がどうなるか見なくてはなりませんが、今日の演技は高得点に値すると思います

A:今日は本当に素晴らしい演技でしたから高い演技構成点が期待出来ます

***********************************

☆ユーロ女子は非常にハイレベルな戦いで見ていてゾクゾクしました!

メドちゃんは骨折で数か月休養していたとは思えないジャンプの安定感。何というメンタルの強さ!本当に意志の強い選手ですね。
マンマ達の言う通り振付やスケーティングに磨きがかかってグランプリ大会よりずっと洗練されたプログラムになっていて美しかったです。

アリーナは
彼女ならメドちゃんの独走状態にストップをかけられるのではないかとシーズン前からかなり期待していたのですが、やはりジワジワと迫ってきましたね。
後半3Lz/3Loの威力!
プログラム的にも王道のバレエ・プロが彼女のクラシックな美貌と個性にマッチしていて、特にブラックスワンは今シーズンの女子ショートプログラムでは新葉ちゃんのジプシーダンスに次いで好きなプロです。
フリーでは基礎点の差が更に大きくなるので2人ともノーミスならアリーナが勝つと思うのですが、問題はプレッシャーとPCSの差をどこまで縮められるかですね。

カロリーナは
ただただ氷上の芸術

最初から最後まで溜息が出るほど美しく、踏切も着氷もクリーンな文句のつけようのないジャンプ、スケーティングの滑らかさとスピード、巧みなエッジワーク、音楽表現、表情、緩急の付け方・・・どれをとっても圧倒的なクオリティで鳥肌が立ちっぱなしでした!!!

Previous Entries イタリア解説EuroSport版「バイアスロンの試合でもハニュートーク!!!」 Next Entries イタリア解説EuroSport版「2018欧州選手権~『完璧』に到達する選手」