イタリア解説RaiSport版「NHK杯2019~6分間+羽生結弦FS」

鬼リカバリーにマンマ大興奮!
フリーはマッテオ・リッツォ君のコーチ、フランカ・ビアンコーニさんの解説でした。

実況:アリアンナ・セコンディーニ(A)
解説:フランカ・ビアンコーニ(F)

<6分間練習>

Grazie Elena!💛

A:現時点の首位はジェイソン・ブラウン
当然、全ての注目は羽生結弦に注目していますが、ファイナルへのパスを賭けた戦いも見逃せません。

私達は開催国のアイドル、羽生結弦が紹介されるのを待っています。
もうすぐです。
皆さん、準備はいいですか?
彼です。
絶対的なスケーター
ここでは彼にライバルは存在しません。

羽生結弦
彼はまたしても全ての観客に魔法をかける準備が出来ています。
札幌の観客だけでなく、自宅から試合を見守っている世界中の全てのスケートファンに魔法をかける準備が

羽生結弦
2度のオリンピックチャンピオン、2度の世界王者

もはや彼を何と描写したらいいのか分かりません。驚異的な選手になりました。
彼がどんなに簡単にジャンプを実施するか見てください。

F:彼のプログラムは本当に宇宙的ですから、全てを引き出すことが出来るか見ましょう。
驚異的なプログラムになるでしょう。

A:羽生結弦は今季最高得点を保持しています。
昨日のショートでは記録を更新出来ませんでしたが、今日のフリーは更新できるか見てみましょう。

羽生結弦にとってトリノへのパスを手に入れることは何の問題もありませんが、ケヴィン・エイモズはファイナル進出を賭けて戦わなければなりません。

 

<マカール・イグナトフK&C>

A:私達はマカール・イグナトフの得点を待っていますが、間もなく羽生結弦のプログラムの驚異的な世界観の中に飛び込むことになるでしょう。

<羽生結弦フリー>

F:さあ集中しましょう

A:皆さん準備はいいですか?
彼の幸運のお守りであるウィニー・ザ・プーをしっかりと握りしめました。

羽生結弦
氷上で私達を感動させる準備は出来ています

私達は言い続けていますが・・・
彼は本当に・・・火星のスケーター?
他の惑星のスケーターです。

F:そうね
私達は早い段階で彼を発見し、注目していた一人でした。

A:そうね
あなたが四大陸選手権(2011年)で彼を見出して私に教えてくれたのです。
あの時のあなたの言葉を私は決して忘れないでしょう。

あなたは私にこう言ったのです
「あのスケーターに注目していて」と

その時から私達はずっと彼の圧巻の演技だけを見続けてきました。
彼に対して私達が言える言葉はひとつしかありません
それは

F:マンマミーア!

F:4ループ
降りました

F:4サルコウ
完璧

F:3ルッツ
トランジションのようでした

F:4トゥループ

F:あああ!!!
ダブルになってしまいました。
これは4トゥループ/オイラー/3フリップの予定でした
高得点に値するエレメントでした

まだ3アクセルが2本残っています
いいえ、彼は4トゥループを跳び直しに行きます(笑)
4トゥループ…3トゥループ!!!信じられません!!!
ファンタスティコ
信じられない

A:私には分かったわ(笑)
彼があんな目をしていたら!!

F:3アクセル/オイラー/3サルコウ!!(笑)

A:プログラムを即興しています
ファンタスティコ

F:常軌を逸しているわ!!!
高得点のエレメントを取り戻すためにプログラムを即興しています

(演技終了)

F:常軌を逸しているわ!!!
常軌を逸している・・・
常軌を逸している・・・

A:マンマミーア!!!
彼はまさに別の惑星です
彼だけの惑星の帝王と言っていいでしょう
常軌を逸しています

F:別の惑星です
技術点を見てください
103.28点
おかしいでしょう・・・
非常識です(笑)

A:本当に恐ろしい
レディース&ジェントルマン
羽生結弦陛下です

マ・ン・マ・ミーア
マ・ン・マ・ミーア

F:常軌を逸しています
マ・ン・マ・ミーア

A:確認していますが、今日、彼が持ち帰れなかったコンビネーションはスケートカナダでは圧倒的な出来で、基礎点16.83、GOE4.07、合計20.90という史上最高得点のコンビネーションになりました。
ですから、彼は失ったこの得点を挽回しようとしました。
皆さん、これが羽生結弦です!

もう言ってもいいですね。
私達がトリノのファイナルで見ることが出来るスケーターです。
もう一人の並外れたスケーター、ネイサン・チェンとの素晴らしい対決が見られます。
これ以上は望めません。
ですから絶対に見逃してはなりません。

ブライアン・オーサーとの抱擁は壮観です。
私達は結弦の得点を確認しています。

F:3トゥループが回転不足と判定されたようです。
彼が滑りながら創作した4トゥループのコンビネーションのセカンドジャンプです。

A:本当に創作でした。

F:彼にとっては4トゥループ/3トゥループは何でもないことですから(笑)

A:考えてもみてください!

F:皆が彼のリアクションを称賛しています。
何といえばいいのか・・・技術的に驚異的なプログラムです

A:そして芸術的にも驚異的なプログラムです。
そう言っていいでしょう

F:勿論です
でもネイサン・チェンと対決するにはこれらのクワドも必要です。
おそらくクワド4~5本の戦いになるでしょう。

ループの着氷は完璧です。
回転にも1ミリの疑いもありません。

サルコウは彼にとって簡単なジャンプです。
飛距離が余っていてまだ回れそうに見えます(笑)。

これは最初の4トゥループ
彼は得点を稼げるよう後半にコンビネーションを固めていますが、4トゥループ/オイラー/3フリップが入らなかったので、僅か20秒後に4トゥループに3トゥループを付けたコンビネーションを即興しました。

A:驚異的です

F:全ての力を振り絞って引き出したジャンプですがら、少し回転が足りませんでした。

A:何という冷静さ
ただのジャンプでリカバリーしたのではありません。
彼は4回転ジャンプでリカバリーしたのです(笑)

F:本当に信じられません。

A:それに彼の芸術を見てください
彼は総合芸術です。

今日のステップシークエンスは圧巻でした。
当然レベル4でGOE1.50を獲得しました
スピンも全てレベル4

そしてレベルや技術的側面に関係なく、彼がリンクに入ると、フィギュアスケートを見る歓びを贈ってくれます。
まさに心を揺さぶられるのです

彼の表情を見て(私)
やることは全てやったという顔をしているわね

当然、ここには彼のプーがいます。
フラワーガール達は大忙しでした

F:見事な仕事ぶりでした。
今回は世界記録を奪還することは出来ないでしょうけれど、きっとトリノに取っておくのでしょう。

A:トリノではネイサン・チェンと直接対決します。
彼が持っている記録は323.42点

F:二人の一騎打ちになりますから

A:エルトン・ジョンの曲を使った今シーズンのネイサン・チェンのプログラムも興味深いですから、トリノはエキサイティングな大会になるでしょう。

197.71点は彼のシーズンベストに届きませんでした

F:満足していませんね(笑)

A:当然でしょう。
スケートカナダでは212.99点でしたから
この305.05点という宇宙的な得点にも彼は満足しないのです。
世界最高得点がネイサン・チェンの323.42点というのは、彼は気に食わないのです。
でも彼が獲得した322.59点は今シーズンの圧倒的最高得点だということを忘れてはなりません。

リザルト>>

プロトコル>>

*******************
羽生君がトリノにやって来る!!!:awww:
感動と興奮でまだ身体が震えています。

今日も昨日もその前の日も朝起きると真っ先にネットのニュースで朝の公式練習が何事もなく無事に済んだかを確認しました。
公式練習でのジャンプの可否はこの際、どうでもよかった。
とにかく怪我無く無事に公式練習が終えられることだけを願っていました。
この数日間、世界中のどれほど多くのファンが同じ気持ちで過ごしたことでしょう。

ファンですらこれほど不安だったのです。
実際に二年連続で怪我を負った本人の不安と恐怖は如何ほどのものだったのか想像も出来ません。

そしてこの演技
ショートもフリーも圧巻でした。
フランカさんはリカバリーの4Tの後、まさか3Tまでつけると思っていなかったようで叫んでいました!

久々のゾクゾクするようなスリリングなリカバリー

羽生君の鬼リカバリーと言えば2015年オータムのSEIMEI、2017年四大陸と国別対抗戦のHope&Legacy、2017年ロステレのSEIMEIなどがありますが、一番最後とか最後から2番目のジャンプに4トゥループや3アクセルをコンボにして跳んでしまうのがすごい・・・

スケカナとは別に意味で凄かったです(語彙力・・・)

イタリアのファンはみんなトリノのチケットを買っていますから歓喜・感涙しています。
羽生君が怪我をしないよう教会や大聖堂にお祈りに行っている人もいました。

ファイナルまで2週間弱
運営側のプー対策も万全
プル様が五輪金メダルを獲得し、ジョニーがOtonalを滑った場所、トリノのパラヴェーラがあなたを待っています!

そしてフリーが行われる12月7日は羽生君の25歳の誕生日!
何か歴史的なことが起こる予感しかない

Previous Entries イタリア解説RaiSport版「NHK杯2019~6分間+羽生結弦SP」 Next Entries マッシミリアーノさんのFBより「羽生結弦、7度目のファイナル進出」