マッシミリアーノさんのFBより「2010年3月13日土曜日~羽生結弦15歳」

ポッドキャストでメラーノ杯を追想していたら、ジュニア時代の羽生君の記憶が走馬灯のように蘇ってきたのでしょうか
FBにこのような投稿をしていました。

2010年3月13日土曜日は当時15歳だった羽生結弦にとって重要な日だった。

デン・ハーグ(オランダ)でジュニア世界チャンピオンのタイトルを獲得し、ロシアのシュービン、アメリカのキャリエールに続き、史上3人目のシーズン完勝を成し遂げた男子選手となった。

実際、2009/2010年シーズンは東京のファイナルを含むグランプリ全大会で優勝し、横浜全日本ジュニア選手権もショートプログラムで傑作を描いて優勝した。

オランダで滑ったフリープログラムは彼の短いジュニア時代のハイライトであり、シーズン最高得点を叩き出した。

数字は別として、当時から豊かなトランジション、細部へのこだわり、音楽との完璧な調和、そして何よりも演奏中にスコアを変更する能力(演技中にリカバリーする能力)が際立っている。これらは全て15歳と数カ月のスケーターには普通見られない特長である。

このフリーが、昔からフィギュアスケート界で人気のある「ラフマニノフ/パガニーニの主題による狂詩曲」の旋律に乗せた史上最高の演技であることは疑う余地もない。

多くの人が間もなく忘れてしまったマイルストーンである。
あるいはこの演技を知らなかったのかもしれない・・・

 


そしてこの投稿に寄せられたイタリアのスケートファンの皆さんのコメント

羽生がその後どんな選手になっていくのか、数シーズン後に彼が動かす膨大な群衆を知らずにこの場に居合わせた数少ない観客は幸運だったわね
彼の昔の動画を見る度にいつも思うのよ!
私達は羽生を見ている。この頃はまだ彼を知らなかったと・・・

いつもスケートをしている9歳になる私の娘がこの動画を見て言ったわ
「彼は誰?」
・・・今年、トリノで会えるあなたのアイドルよ😍

トリノのグランプリファイナルで彼に会えるわ!

告白すると、私は溢れんばかりの情熱と優美さを持つ日本の少年が、2011年のグランプリファイナルで驚異的なロミオを演じた時、私の中に電撃が走ったのよ・・・
最初の年からトランジションがあり、当時のシニア有力選手達が羨むような質の高いスピン、ジャンプ、滑りを持っていた。

奇跡のような素晴らしさ

この動画は初めて見たわ。
そして多くのことに衝撃を受けている。
現在、羽生は15歳の時より断然スピードがあるけれど、これはよく考えたらすごく特別なことなのかもしれないわね。
例えば、14~15歳のロシアの女子選手達のスピードは、成長と共に(避けられないことだけれど)どんどん落ちていってしまう。奇妙な現象だと思わない。
でも彼は別格の超常現象だから・・・それ以外説明のしようがないわね。

この感動的な思い出をありがとう。
当時から全てにおいて驚異的なクオリティだった。彼のしなやかさ・・・
そして彼の記録は永遠に残るでしょう。

彼は凄いフィギュアスケーターで素晴らしい人間!!!
彼の素晴らしい才能、技術、芸術性、全ての努力を披露し、心と魂の全てが込められた数々のプログラムは、最も愛される作品としてフィギュアスケートの歴史に残ることでしょう!!

この世界の『美』への彼の貢献、そのために彼が支払っている多大な犠牲に対して、私達はどんなに感謝しても感謝しきれることはないでしょう。

年若い羽生と年々進化していく彼の技術を見るのは感動的です。
こんなに若くてこれほど才能に溢れていたなんて・・・心が揺さぶらせます

当時から既にファンタスティコ😍

羽生の回転は完璧だと思う。
3回転ジャンプの完全な着氷を見て欲しい。ブレードが氷上に触れる前から既にクリーンだ。
中国杯のハンヤンもこういう着氷だった。
脱帽だ。

何といえばいいのか・・・奇跡のような素晴らしさ

昨晩、『羽生マラソン』(羽生君の演技動画の視聴が止まらなくなること)のせいで私も偶然、この動画を見返していたところなのよ・・・彼のスケーティングの柔らかさはこの頃から『神話』だった。そして彼の『恒星』のようなジャンプ・・・純粋な感動 🤩🤩🤩

・・・現在、こんなクオリティを持つジュニア選手を見ることはできない・・・シニア選手や女子選手も・・・
羽生は純粋な天性の才能の保持者だ

15歳で既にスケート靴を履いて飛翔していた・・・

既に特別な選手であることが分かる・・・

私は現地にいたのよ!その時の感動は今でもはっきりと覚えている!
すぐにやがて氷上の偉大なアーティストになることが分かったわ。

ユヅのことは何一つ忘れることは出来ない・・氷上の彼を初めて見た瞬間から・・・私の両眼は彼の全てを・・・一つも漏らすことなくはっきりと記憶しているのよ・・・

❤️羽生・・・彼が上限 ❤️

私は8歳の時からフィギュアスケートをやっています。
あの頃の私はまだフィギュアスケート界に属していなかったけれど、私のコーチは「あの日本のスケーターのように3アクセルが上手くならないといけない」といつも言っていました。

当時、私は10歳でまだ羽生について何も知らなかったので、純粋に興味を引かれて彼の動画を見たの・・・そして、開いた口が塞がらなくなった。
コーチは「我々はいつか彼に会わなければならない」と言ったわ。
今日まで私は彼に会ったことは一度もなかったけれど、12月に私の夢が叶うのよ。
ボランティアとして、そしてフィギュアスケートと彼を愛する観客の一人として彼を生で見ることが出来る❤️
私のコーチと友達と一緒に行きます
夢は現実になるのよ❤️⛸❤️

*************
☆2008年の世界ジュニア選手権を現地観戦した人もいるんですね!
何という貴重かつ希少な体験!

この頃から3アクセルの1本目をイーグルから、2本目を後半にコンボで跳んでいてびっくりです!
3A-3Tの予定がアクセルの着氷が完璧じゃなかったので2Tにして、3サルコウに3トゥループを付けてリカバリーする能力はさすがです。

最後のインタビューが可愛すぎるんですけど!!!
「日本代表としてちゃんと役目を果たした」って😂
15歳の発言とは思えない!

このシーズンのショートプログラムも好きです。
マッシミリアーノさん曰く、傑作だった全日本ジュニアの動画が見つけられませんでしたので、ジュニアワールドの演技から

Previous Entries ポッドキャストKiss&Cry II第3回「ゲームチェンジャー羽生結弦」 Next Entries ポッドキャストKiss&Cry II第4回「フィギュアスケートを救う選手」