ユヅリーテ達の月刊ユヅアート~#MonthlyYuzuArt

エレナさんが7月から始めたイニシアティブ#MonthlyYuzuArt

日本の俳句の季語の中から毎月1つのテーマを選び、羽生君を何らかのクリエイティブ手段で表現しよう、という試みだそうです。

7月のテーマは「天の川」、8月は「祭り」、9月は「刈田」です。

素敵な作品が集まりましたので、作品に添えられたコメントと共にご紹介します。

<7月~天の川>

私も友達と共作で参加します。

この天の川で最も美しい星、結弦に無限の幸福と満足を・・・

彼の献身、情熱、彼が達成した、同時に私達への贈り物でもある彼の夢、そして結弦へ、歓びと成功の天の川を #MonthlyYuzuArt

あなたは星
そして私達はあなたについて行きます

 

私の#MonthlyYuzuArtは少し抽象的です。でも#LaViaLattea/#あまのがわ、というテーマは私にリンクの氷に反射する光をイメージさせたわ。今月の私のささやかな貢献はこちら。これはロンドンのアイスリンク(クイーンズウェイ)の小さな「天の川」です。一番輝いている星が私達の結弦なのは言うまでもないわね。

 

私も惑星ハニューから来た男性に支えるシンプルな詩でこの素敵にイニシアティブに参加します。#MonthlyYuzuArt — 愉快な気分。

天の川
天空に光り輝く航跡を刻む銀のブレードが
氷上に調和の取れた歓びの舞を解き放つ。
遠方の架空の天体から発せられる
高価な水晶のような光が
翼をはためかせた美の王の到来を告げる

 

こちらは散文詩

七夕は1年に1度だけ会うことが許される恋人達、織姫と彦星が再開出来る日。

長い別離だけでなく、再開の喜び、そして恋人と遠く離れていても、長い間、会うことが出来なくても、彼/彼女はそこにいて、何時か再び巡り合えるという確信している。織姫と彦星の物語は伝説で、その物語は絶対的であり、彼らの出会いを刻む時計の針は厳密に定義されており、全てが一つの模範なのです。しかし、遠く離れたところにいる、とても重要な誰かを再び見出せる歓びは私達は皆知っています。自分の身近な親しい人は勿論ですが、私達からは遠い世界で生き、彼の日常は私達の日常から非常に離れており、私達の道は時々しか交差しないために、時々、短い時間だけ現れ、その存在によって全世界を照らし、再び姿を消す誰かを見出せる歓びも

再開/別離

時の終わりまで

束の間の出会い

長い空白

あなたの記憶で飾られた

巨大な空白

何故なら愛があれば

本当に遠ざかることは決してないから

同じ空の下で繋がっている

そしていつの日か再び会える

#MonthlyYuzuArt 7月

 

私も自分の出来ることで参加します。
#MonthlyYuzuArt
#LaViaLattea
#天の川 #7月

 

<8月~祭り>

いつの日か再び絵を描き始める時間を見つけられるかもしれませんが、今はこれが精一杯。8月の#monthlyyuzuart「祭り」と聞いて私が真っ先に思い浮かべたのは七夕です。私の作品は欠陥だらけだけれど、ポジティブな精神から生まれたものです。ユヅは前向きな気持ちが如何に重要か私達に何度も繰り返し教えてくれました。

 

私にとっても「祭り」は七夕。4アクセルを着氷するためにユヅの足に翼が生えますように・・・8月の#MonthlyYuzuArt

 

☆こちらは動画です

この奇跡のような創造物
世界中のFanyuの禁じられた無垢の夢
祭り
ウェブから集めた画像と音楽を私が編集しました

 

<9月~刈田>

友達と一緒に9月のMonthlyYuzuArtを制作してみたけれど、結弦の美しさを表現するにはプロの画家が必要ね。私達もトライはしたけれど・・・トライは 

いずれにしても、私達のユヅに対する慈しみ、尊敬、称賛の気持ち、そして彼の美しさと芸術を尊重する思いは、彼の貴重な田んぼを刈り取る高貴な人のそれに匹敵します・・・それどころかもっと更に大きいのです
9月の#MonthlyYuzuArt

 

お料理アート(?)の試み
“Dolce Yuzu_riso”(甘いユヅ_ライス)→ “Sweet Yuzur_ice”(スイート・ユヅル_アイス)

見た目はあまり良くないけれど、結弦を良く表現出来ていると思うわ:強固な基盤、柔らかなハート、氷と日本の日の丸の色を使った明るい外観。角にはオリンピックの金メダル2個、世界選手権の金メダル2個を彷彿させる日本のミカンを4つ置きました。赤と緑をあしらった無形のご飯は情熱と希望によってこれから構築していく未来を表しています。

こちらはバレリーナのアレッサンドラさんの舞
「ノッテステッラータ」にオマージュを捧げています。

 

☆こちらは国内外で活躍する画家で木版画家のマーラ・コッツォリーノさんの作品です

私も「存在しない」作品、つまりここだけに存在する作品で#MonthlyYuzuArtに参加します。

ユヅを描いたこの新しい木版画はたった今完成しました(私は「モクハンガ」と呼ばれる日本の版画技術を使っています)・・・今や彼が競技したり、あるいは先日のようにアイスショーに出演する時、私にとって全てを消化する唯一の方法は彼を描く事、あるいは今回のように木版を彫って刷ることなのです。この肖像画のインスピレーションの源となった写真は2018年から私の携帯電話のギャラリーにあります。正確にはロステレコム杯で負傷したユヅが松葉杖を付き、オリジンの衣装に自然な髪で表彰式に現れた時の写真です。長い間、この時の彼を描きたいと思っていましたが、最終的に版画で実現しました。

「存在しない作品」と言ったのは、今月のテーマ(天の川)を見て、Photoshopで私の最も古典的な版画にユヅの肖像の版画を重ねたからです。そして、これも偶然ではありません。とうのは、このような企画がなければ、この年の世界選手権が終了した今、私が最終的に選んだテーマは間違いなく「天と地と」だったからです。素敵なアイデアを提供してくれてありがとう。

***********

☆どの作品も独創的で素敵ですね。
そして羽生君への愛と称賛に溢れています。

日本からでもこのイニシアティブに参加することが出来ます。

このイニシアティブの意図、テーマである季語の説明などはエレナさんのブログに詳しく書かれていますが、参加方法は至って簡単です。エレナさんにメール(emailme@elecsworld.com)かツイッターのDMで直接作品を送信するか、#MonthlyYuzuArtのハッシュタグをつけてツイッターに投稿して下さい。

芸術の秋ですから、皆さんも是非参加してくださいね!

Published by Nymphea

管理人/翻訳者(イタリア在住)。2011年四大陸チゴイネ落ち