イタリア解説EuroSport版「2016マルセイユGPF~羽生結弦EX」

イタリア・ユロスポのエキシビションから
羽生結弦選手の演技の実況解説です

Elena Cさんの動画です!いつもありがとう!
Grazie Elena!!

 

実況:マッシミリアーノ・アンベージ
解説:アンジェロ・ドルフィーニ

(演技前)

マ:恒例のことだけれど、競技でもショーでも世界中どこで滑ろうと圧倒的に最も待ち望まれているのは彼だ、日本の羽生結弦

グランプリファイナルの四連覇を賭けて滑り、苦しみながらも成し遂げた

圧巻のショート、フリーは手こずった

ア:非常に難しいフリープログラムを披露していて、現時点では4ループを入れるという彼の選択肢は特に得点面において望んでいた配当をまだ得ていない

でも今後を見据えて投資する方針なんだろう。

当然、このエレメントの導入によってプログラムの難度は本当に究極レベルに達した

(演技中)

マ:このエキシは少しイタリアだね

ア:イル・ヴォーロのノッテ・ステッラータ

何よりもサン・サーンスの「The Swan」の旋律だ

(ステップアウトの3A)

ア:OK(笑)

3アクセルは入れなくちゃならない

今日はベストな出来じゃなかったけれど

でもミスを別の何かに変えてしまう能力は特別だよね(笑)

マ:フリー後のプレスカンファレンスでファンタスティコなひと時があった

ジャーナリストが面白い質問をした

「近いうちに4アクセルを実現出来ると思う?」

ネイサン・チェンはこう言った

「僕はトリプルでも苦戦している。

だから彼らに任せるよ」

ア:(爆笑)

すごく客観的な答えだね

(演技後)

マ:一方、羽生結弦はこう答えた

「スケートを始めた時からの僕の夢。

可能だと思うし、いつかプログラムに入れてみたい」

ア:(爆笑)羽生の夢は壮大だね。

彼の3アクセルは途方もないし

でも分からない・・・本当に難しいことだ

でも彼が現在披露していることは既に並外れていることだ、例え4アクセルが無くても

マ:数字が物語っている

試合で290点越えを果たしたのは6回

ライバル達は全員合わせて6回だ(フェルナンデス4回、チャン2回)

この偉業を彼は1人で6試合で達成した

ア:非常に重要な結果だ

しかも彼は今回幾つかのミスがありながらこの偉業を達成した

それに4サルコウの転倒ではREPになるから大量の得点を失った

マ:このエレメントは課題だね

ア:現時点では羽生の鬼門だね

マ:このミスで少し失速して、その後2つのミスがあったけれど

ア:いずれにしても価値の高いプログラムであることに変わりないことは明らかだ

*************************************

さっき羽生君がインフルエンザで全日本を欠場することを知りました。

マルセイユでは真凛ちゃんもインフルエンザに感染し、フォーラムのユヅリーテ達の中にもイタリアに帰ってきてから酷いインフルエンザを発症した人が何人かいたので、もしかしたらマルセイユ界隈に悪質なウィルスが蔓延していたのかも・・・

ちなみに私がこのニュースを知る数時間前にマッシミリアーノはいち早く情報をキャッチし、ツイートしていました!(早過ぎ!!)
本当に応援してくれているんですね

羽生君が欠場を決意したということは、相当酷い症状なんでしょうね・・・
本人はさぞ悔しいでしょうけれど、きっと神様がくれた意味のある休養のはず
完全に回復するまでゆっくり休んで下さいね!
2017年はリベンジを楽しみにしています!

Previous Entries イタリア解説EuroSport版「2016マルセイユGPF~その他の羽生選手の話題」 Next Entries イタリア解説RaiSport版「2016マルセイユGPF~羽生結弦SP」