Asknewsより「平昌~レジェンド羽生:再びフィギュアスケートの王者に」

イタリアのニュースサイトAsknewsに掲載された記事です

原文>>
2018OG_YahooNews

平昌(韓国)2月17日(askanews)-平昌冬季オリンピック大会における最も素晴らしい快挙の一つ、歴史的偉業が達成された。日本の23歳、羽生結弦は4年前のソチ大会の勝利を繰り返して、男子シングルで優勝し、未だかつてない快挙を成し遂げた。
羽生はフリープログラムで206.17点を獲得し、最終順位で同国の宇野昌磨とスペインのハビエル・フェルナンデスを上回った。

韓国における大勝利で羽生結弦は史上最も偉大な選手の一人になった。試合終了後、解き放たれ、抑えきれずに涙する彼を見るのは感動的だった。

事実、羽生の韓国における勝利は非常に困難なシーズンを乗り越えて得たものだった。
11月に右足首の靱帯に深刻な怪我を負い、トロントでようやく練習を再開出来るようになったのは先月のことだった。

個人戦に集中するために団体戦出場も諦めなければならなかった。

しかしながら、彼の首に金メダルが掛かっている今、言えることはただ一つ。
彼は正しかった。

演技後、彼が氷上に跪く仕草する一方で、無数のウィニー・ザ・プーが観客席から投げ込まれた。韓国でのオリンピック大会の最も象徴的な瞬間として記憶されることになるだろう。
羽生はこのスポーツの偉大なレジェンドに名を連ねた。
この競技の選手でオリンピックにおいてこれを成し遂げたのはごく数人である。彼がグローバルレベルで神格化された瞬間だった。

 

***********************************

☆イタリアではフィギュアスケートの試合は世界選手権でもガゼッタぐらいしか取り上げてくれないのですが、さすがオリンピックはメディアの扱いが違いますね。しかも震災を乗り越え、世界記録を何度も更新し、衝突事故に遭っても頭に包帯を巻いて滑り、試合の度にプーさんの雨が降り、新聞で「天使ハニュー」と形容されるほど外見も美しく、でも中身は阿修羅という、ただでさえ漫画の主人公のようなドラマチックな要素が揃っている羽生君が、右足首の大怪我という試練を乗り越えて劇的に復活し、66年ぶりの二連覇を達成したということで、イタリアでも様々なメディアが大きく取り上げています。

順々に訳していきたいと思います。

ユーロスポーツでも実況解説の他に試合の分析番組Studioとか色々あって内容も濃く非常に興味深いのですが(というかほとんど爆弾投下に近い威力)、エレナさん曰く、オリンピック関係の動画は投稿後、瞬時に削除されてしまうそうで・・・
解決策を考えてくれていますので、動画を待ちたいと思います。

Previous Entries La Stampaより「羽生金メダル:プーの雨」 Next Entries HUFFPOSTより「羽生結弦が歴史を作る。男子で66年ぶりに五輪二連覇を達成」