Get a site

Gazzetta dello Sportより「男子ショート~宇宙の羽生、世界が彼に跪く」

ガゼッタ紙も怪我からの劇的な復活をセンセーショナルに伝えています

 

原文>>

2018年2月16日

フィギュアスケート男子ショート:
宇宙の羽生、世界が彼の足元に跪く
リッツォはフリー進出

 

現オリンピックチャンピオンの日本人は怪我による4か月間のストップから復帰し、その実力を見せつけた。リンクメイトのハビエル・フェルナンデスとの差は4点強。マッテオ・リッツォはフリー進出。フリーは今日の深夜 2018OG_gazzetta1

日本の羽生結弦(AP)

神々の戦いだった。男子ショートプログラムは驚異的だった。4人もの選手が100点を超えた。現オリンピックチャンピオンで待ち望まれていた23歳の日本人、怪我で約4か月間姿を見せていなかった羽生結弦は、ショパンの旋律に乗せて額縁に入れて飾るべきプログラムとスペクタクルをプレゼントしてくれた。彼の実際のコンディションに対する疑念は魔法のように一掃された:4サルコウ、3アクセル、4トゥループ/3トゥループ、合計111.68点(63.18+48.50)。自身が持つ世界記録に比べれば何でもないことだ。
これ以上のことをするのは難しい:何という強烈さ、何という表現だろう。

「ナーバスにはなっていませんでした。僕にとってプレッシャーはエネルギーです。全てに満足しています」

アイスアリーナは熱狂に包まれ、数百の日の丸が揺れ、氷上では、羽生が滑る試合では恒例となっていることだが、羽生がこよなく愛する子クマ、プーが何十匹も何十匹も宙を舞った。

ダービー — (ほとんど)ファミリー内の戦いになった。僅か4点差で後を追うスペインのハビエル・フェルナンデス(4T-3T、4S、3A)のチャーリー・チャップリンはこれまでにないほど説得力があった (107.58)。二人はカナダ人のコーチ、ブライアン・オーサーを共有している。「自信はある」とハビエルは言う「金メダルを狙う。それを望むのと、掴むのは違う」

更に2人のフェノメノ(超常現象)が彼らに続く:日本の宇野昌磨(104.17) と中国のジン・ボーヤン (4ルッツで高得点を稼ぎ自己ベストの103.32を獲得した)にもチャンスはある。
5位には自己ベストを更新したロシアからのオリンピック選手デミトリー・アリエフ((98.98)が入った。一方、期待外れだったのは表彰台候補だったアメリカのネイサン・チェンで17位(82.27)に沈んだ。明日(イタリア時間の深夜2時から)行われるフリーでは火花が散ることになるだろう。

 

(この後に続くマッテオ・リッツォ選手の部分は省略)

Published by Nymphea

管理人/翻訳者(イタリア在住)。2011年四大陸チゴイネ落ち