Neveitaliaより「ハビエル・フェルナンデス:フリープログラムで3アクセルを2本跳ぶ」

欧州選手権男子シングルSP後のプレカンから
上位選手のコメントです

Euro2016原文>>

(2015年1月28日)

☆翻訳はハビエル・フェルナンデス選手、マキシム・コフトゥン選手、ダニエル・サモーヒン選手だけです

ブラチスラヴァの欧州世界選手権男子ショートプログラム後、大会の主役達は演技に関する非常に興味深いテーマについて話した。どうやらどの選手も難度を更に上げるつもりのようだ。

ハビエル・フェルナンデス–「今日の演技にはとても満足しています 。目標は国際大会で100点を超えることでした。更に高得点を目指すことが出来る選手達がいますが、リスクを冒す必要があるのは明らかです。

バルセロナのグランプリファイナルの後、僕達はショート、フリー共に難度を上げることを決めました。コーチ達は僕には言わなかっただけで、もっと前にこのことを決めていたようです。明日はフリーで3アクセル2本に挑戦します。全ては世界選手権を見据えてのことです」

マキシム・コフトゥン– 「よく練習出来ていたので、リンクに降りる前の感覚は非常によく、全く緊張していませんでした。今日の問題が何だったのかよく分かりません。3アクセルは他の試合でもミスしていましたので、ロシア選手権の後、このエレメントの練習に長い時間を費やしましたが、今でも僕にとって一番難しいジャンプです。3アクセル着氷後の転倒がなければ、完璧な演技でした。
現在、2本の4回転ジャンプは問題なく着氷出来ますし、通常、ステップとスピンもいいレベルですので、満足感を覚えています」

ダニエル・サモーヒン –「3アクセルの転倒は残念ですが、全力を出し切り、2本の4回転ジャンプを降りることが出来ました。明日は3アクセルも上手く着氷することが必要不可欠です。今シーズンはジュニアとシニアの試合に交互に出ていたので大変でした。でも父と相談して、安定感を高めるために出来るだけ多くの試合に出場する戦略を取ることにしました。今後についてですが、4ループを練習中で来シーズンはプログラムに組み込みたいと思っています」

***************************

ハビ君もシーズン半ばでショート、フリー共に構成を上げてきましたね!
世界選手権はものすごくハイレベルな戦いになりそうです!
しかし、クリケットクラブはNASAとか火星で選手の特殊強化訓練を行っているんじゃないかと疑うレベル

ハビ君のあまりの圧巻の演技に、実況のマッシミリアーノさんは
「ハニューが変装しているに違いない」
と言っていました!

そうか・・・そういう発想になるのか・・・:stralol:

Previous Entries イタリア解説EuroSport版「2011GPF~羽生結弦FS」 Next Entries イタリア解説EuroSport版「2011GPF~羽生結弦FS」