Neveitaliaより「ボストン世界選手権~女子シングルのプレビュー」

ボストン世界選手権、マッシミリアーノさんのプレビュー
今回は女子シングルです。

WC2016_previewF

原文>>

(2016年3月25日)

ボストン世界選手権中、最後にタイトルが授与されるのは女子シングルである。
『TDガーデン』のリンクで4大陸の28か国を代表する38人の選手が対決する。
前年に比べ、出場選手が2人多い。

優勝候補はグランプリファイナルと欧州選手権で説得力のある勝利を収めたロシアの16歳、エフゲニア・メドベデワだろう。エテリ・トゥトベリーゼの教え子を脅かすのは、シーズン中、彼女を打ち負かした唯一の選手である同国の17歳、エレーナ・ラジオノワと、前大会の銀メダリストで、ここ数カ月の進化が目覚ましい日本の宮原知子である。

地元マサチューセッツ生まれのアメリカの二十歳、グレーシー・ゴールドと、今大会出場選手中、最多のタイトルを持つ日本の25歳、浅田真央も優勝を狙う。
今シーズン、説得力のあるスタートを切りながら、その後、低迷し、ミスが目立つ二人にとって、この世界選手権はシーズンをリベンジする最後のチャンスである。

アメリカのアシュリー・ワーグナー、ロシアのアンナ・ポゴリラヤ、日本の本郷理華も表彰台を目指すが、上位選手のミスを待たねばならない。

一方、負傷したポリーナ・エドモンズの代わりに大会直前に代表に選ばれたアメリカの三番手、長洲未来については、絶好調だった四大陸選手権後のコンディションは不明である。

(中略)

出場選手

01) ARM – Anastasia GALUSTYAN
WS 29 (2° partecipazione)

02) AUS – Kailani CRAINE
WS 49 (debuttante)

03) AUT – Kerstin FRANK
WS 55 (6° partecipazione)

04) CAN – Alaine CHARTRAND
WS 24 (2° partecipazione)

05) CAN – Gabrielle DALEMAN
WS 20 (3° partecipazione)

06) CHN – Zijun LI
WS 33 (4° partecipazione)

07) CHN – Ziquan ZHAO
WS 134 (debuttante)

08) TPE – Amy LIN
WS 86 (debuttante)

09) CZE – Eliska BREZINOVA
WS 51 (4° partecipazione)

10) FIN – Viveca LINDFORS
WS 42 (debuttante)

11) FRA – Laurine LECAVELIER
WS 36 (debuttante)

12) FRA – Mae Berenice MEITE
WS 35 (5° partecipazione)

13) GER – Nathalie WEINZIERL
WS 41 (3° partecipazione)

14) GBR – Kristen SPOURS
non classificata (debuttante)

15) HUN – Ivett TOTH
WS 34 (2° partecipazione)

16) ITA – Roberta RODEGHIERO
WS 15 (3° partecipazione)

17) JPN – Mao ASADA
WS 14 (9° partecipazione)

18) JPN – Rika HONGO
WS 4 (2° partecipazione)

19) JPN – Satoko MIYAHARA
WS 1 (2° partecipazione)

20) KAZ – Elizabet TURSYNBAEVA
WS 21 (debuttante)

21) LAT – Angelina KUCHVALSKA
WS 12 (2° partecipazione)

22) LTU – Aleksandra GOLOVKINA
WS 53 (2° partecipazione)

23) NED – Niki WORIES
WS 97 (2° partecipazione)

24) NOR – Anne Line GJERSEM
WS 62 (4° partecipazione)

25) KOR – Da Bin CHOI
WS 37 (debuttante)

26) KOR – So Youn PARK
WS 26 (3° partecipazione)

27) RUS – Evgenia MEDVEDEVA
WS 7 (debuttante)

28) RUS – Anna POGORILAYA
WS 6 (3° partecipazione)

29) RUS – Elena RADIONOVA
WS 3 (2° partecipazione)

30) SVK – Nicole RAJICOVA
WS 23 (3° partecipazione)

31) SLO – Dasa GRM
WS 56 (4° partecipazione)

32) ESP – Sonia LAFUENTE
WS 89 (8° partecipazione)

33) SWE – Joshi HELGESSON
WS 25 (3° partecipazione)

34) SUI – Yasmine Kimiko YAMADA
WS 164 (debuttante)

35) UKR – Anna KHNYCHENKOVA
WS127 (debuttante)

36) USA – Mirai NAGASU
WS 11 (2° partecipazione)

37) USA – Gracie GOLD
WS 5 (3° partecipazione)

38) USA – Ashley WAGNER
WS 8 (6° partecipazione)

アスリートバリュー

***** (アルファベット順)
Asada, Gold, Medvedeva, Miyahara, Radionova

**** (アルファベット順)
Hongo, Nagasu, Pogorilaya, Wagner

***(アルファベット順)
Chartrand, Daleman, Li, Park, Tursynbaeva

**(アルファベット順)
Choi, Helgesson, Kuchvalska, Meite, Rajicova, Rodeghiero

Previous Entries Neveitaliaより「ボストン世界選手権~男子シングルのプレビュー」 Next Entries Neveitaliaより「世界選手権公式練習1回目、羽生結弦は絶好調」