Neveitaliaより「国別対抗戦- ロシア、トゥクタミシェワだけでは足りずアメリカにタイトルを譲る」

国別対抗戦女子フリーの記事です。
記事を書いているのはイタリア・ユーロスポーツのマッシミリアーノ・アンベージさんです。

WTT_2015LFS(2015年4月18日)

原文>>

東京代々木体育館で開催された団体戦、第4回国別対抗戦は、女子フリーで幕を閉じ、アメリカに辛勝をもたらした。

大会最後の試合の主役は今日、男子のトップ選手に匹敵する質の高いトリプルアクセルを決めたロシアのエリザヴェータ・トゥクタミシェワだった。演技構成点で圧倒的高得点を獲得したこともあり、ライバル達に大差を付けて今シーズンを圧勝した。これまでの試合と異なり、アレクセイ・ミーシンの教え子である18歳は、トリプルルッツの一つをトリプルアクセルに変更し、2本のダブルアクセルと後半の3トゥループ-3トゥループのコンビネーションを含む6本のトリプルジャンプを決めた。唯一のミスは空中で身体が開いてシングルになってしまった3ループだった。

トゥクタミシェワに次いで2位に入ったのは、プログラム終盤やや失速したものの、2本のダブルアクセルと7本のトリプルジャンプを決めたチームメイトのエレーナ・ラジオノワだった。

3位はこの日の最高技術点を獲得して自己ベストを更新した日本の宮原知子だった。世界選手権銀メダリストは、2本のダブルアクセルと公正に回転不足と判定された3フリップを含む7本のトリプルジャンプを決め、精彩を欠いたショートプログラムの雪辱を果たした

明らかな回転不足のジャンプが多過ぎたアメリカのアシュリー・ワーグナーは4位に終わった。木曜日に行われたショートプログラムで首位だったグレーシー・ゴールドは、今日はフリップとルッツに明白な問題があり、チームメイトに次ぐ5位に終わり、フランク・キャロルの教え子は、クリーンなプログラムを2つ続けて滑ることが出来ないことを証明してしまった。

上位5人から大差を付けられて、6位に村上佳菜子、回転不足のジャンプが多過ぎたジジュン・リーが7位に入った。

第4回国別対抗戦はアメリカが優勝し、これまで表彰台に上ったことのなかったロシアがアメリカと僅か1点差の2位に入った。3位は日本。これまで常に表彰台に上ってきたカナダは今大会、上位3チームに大差を付けられ表彰台を逃した。5位は中国。フランスは大会前の予想通り、最下位に沈んだ。

アメリカの勝因となったのは、ペアのフリーでシメカ/クニエリム組が思いがけず川口/スミルノフ組を上回ったことだった。

どの国も少なくとも1つの試合で1位を獲得したことを特筆したい(カナダ2試合、日本2試合、アメリカ1試合、ロシア1試合、中国1試合、フランス1試合)

 

女子フリー結果

1) RUS – Elizaveta TUKTAMYSHEVA(動画
134.21 (65.74|68.47)

2) RUS – Elena RADIONOVA(動画
129.73 (65.20|64.53)

3) JPN – Satoko MIYAHARA(動画
129.12 (66.93|62.19) PB

4) USA – Ashley WAGNER
126,96 (60.50|66.46)

5) USA – Gracie GOLD
124.29 (58.67|66.62) – 1.00

6) JPN – Kanako MURAKAMI
113.32 (50.73|62.59)

7) CHN – Zijun LI
103.67 (51.24|53.43) – 1.00

8) CAN – Gabrielle DALEMAN
98.78 (48.28|51.59) – 1.00

9) FRA – Laurine LECAVELIER
95.43 (48.71|47.72) – 1.00

10) FRA – Mae Berenice MEITE
90.77 (43.59|47.18)

11) CAN – Alaine CHARTRAND
81.90 (38.01|47.89) – 4.00

12) CHN – Ziquan ZHAO
75.97 (35.86|41.11) – 1.00

2015国別対抗戦最終結果

1) 110 – STATI UNITI

2) 109 – RUSSIA

3) 103 – GIAPPONE

4) 82 – CANADA

5) 77 – CINA

6) 59 – FRANCIA

 ************************

 ☆ リーザのトリプルアクセル、鳥肌が立つほど素晴らしかった!
あまりにも自然に簡単に跳んでしまったので、一瞬トリプルアクセルだと分からないぐらいでした。TESカウンターが一気に10.5(基礎点8.5+GOE2)に!
:o:

世界選手権から2週間余りでフリーをトリプルアクセルを入れたジャンプ構成に変更してくるって凄いです・・・・

今回は準備期間があまりなかったのでとりあえず冒頭の3ルッツを3アクセルに変更したんでしょうが、来シーズン彼女なら3アクセル2本+ルッツ1本、またはトリプルアクセル1本+ルッツ2本に出来そうです。

あるいは、後半の3T-3Tを2A-3Tに変更して3アクセル2本+3ルッツ2本の男子シングル並みの鬼構成にしてくるか・・・来シーズンが楽しみです!

知子ちゃん

今シーズン最高の感動的で素晴らしいミス・サイゴンでした!:applause:

しかもTESはリーザを上回り堂々の1位!
回転不足判定も今回フリップだけでしたし、来シーズン更なる飛躍が楽しみです!
普段はシャイで控えめな知子ちゃんが、チームメイトに向かって嬉しそうにガッツポーズする姿に胸が熱くなりました!

Comments are closed.