Get a site

Neveitaliaより「羽生結弦、今日の練習で4回転ジャンプ2本のショートプログラムを滑る」

今日の公式練習の記事。

ちなみにマッシミリアーノさんはイタリア時間の昨晩23時過ぎ(日本の早朝)にはSPクワド2本の情報を掴んでいました。 電光並みの情報の早さ!!!日本に優秀なスパイがいるんでしょうか???

原文>>

(2015年11月26日)

昨日深夜のプレビュー通り、羽生結弦は自国のグランプリ大会で難度を上げ、戦略を変える決意をした。

五輪王者は、今日の公式練習の第2セッションでショートプログラムのランスルーを行い、4回転ジャンプ2本、3回転ジャンプ2本を着氷した。

ジェフリー・バトル振付けのショパンのバラード第1番の調べに乗せたプログラムは、4サルコウ(イーグル4Sイーグル)で始まり、続いて4トゥループ/3トゥループのコンビネーションジャンプ、最後のジャンプ要素は後半の3アクセルだった。
当然のことながら、振付けの一部が変更されたが、演技は完璧だった。
唯一、練習の終わりにフェンスに激突して転倒し、周囲を心配させたが、選手は笑いながらすぐに立ち上がった。

ブライアン・オーサーの弟子の新しいジャンプ構成の基礎点は48.05に達し、中国のジン・ボーヤン(51.33)に次ぐ2番目に高い構成になる(基礎点はステップ、スピンをレベル4と仮定した場合のGOE無しの得点)。

スケートカナダ2位の羽生結弦は、利府の彼のホームとも言えるリンクで開催された2012年のNHK杯で優勝している。

日本にとってのもう一つの朗報は、浅田真央が回転不足のない3アクセルを何度も決めたことだ。

***************************

☆ いずれSPクワド2本にしてくるとは思っていましたが、こんなに早く実行するとは・・・
しかもイーグル4Sイーグル!!!
スケカナEXの練習中にお遊びでちょっと跳んでみただけかと思っていたら・・・まさか実戦用だったとは:o:

ポッドキャストを訳しながらマッシミリアーノさんの余りの暴走(妄想)ぶりに、
「さすがにそれはナイナイ!!羽生君だって生物学上は一応『ヒト』なんだし・・・いくらなんでもデフォルメし過ぎ!!」と思っていましたが、実はマッシミリアーノさんの言っていることが正しくて、羽生君の真の凄さを分かっていないのは私の方なんじゃないかと思い始めた今日この頃

Published by Nymphea

管理人/翻訳者(イタリア在住)。2011年四大陸チゴイネ落ち