OA Sportより「動画:好調の羽生結弦がスケカナSPを制す」

演技動画を紹介してくれているページより

原文>>

ファブリツィオ・テスタ(2019年10月26日)

エイリアン羽生結弦が帰ってきた。
オリンピックチャンピオンはブリティッシュコロンビア州ケロウナで開催されたグランプリシリーズ第二戦のスケートカナダのショートプログラムをしなやかに制した。

ブライアン・オーサーに師事する選手は宇宙レベルの出来栄え点を獲得した4サルコウと3アクセルを始めとする並外れたクオリティのジャンプを実施し、観客に魔法をかけた。
少し堪えた4トゥループ/3トゥループのコンビネーションジャンプを成功させると、ステップシークエンス(ただしレベル3だった)でアリーナ中を熱狂の渦に巻き込んだ。

日本の規格外の選手はショートで高得点109.60点 (61.13, 48.47)を叩き出し、先週アメリカ大会で優勝したアメリカのネイサン・チェンに正真正銘の宣戦布告のサインを送った。

それでは「Otonal」の音楽に乗せて演技されたショートプログラムを再び堪能しよう

スケートカナダ2019~羽生結弦SP

**************
☆記者の方のテンションw
マッシミリアーノさんのFBグループも大変なことになっています!

Previous Entries OA Sportより「スケートカナダ2019:羽生結弦が魔法をかける」 Next Entries OA Sportより「スケートカナダ2019:男子シングルは羽生結弦が圧勝」