Sport.ruより「ロシアのファンが羽生結弦について思うこと(その2)」

前回の続きです。ロシアのサイトSport.ruに掲載されているFigure Skaters Confessions(フィギュアスケーター達の告白)というブログの記事です。

記事を紹介して下さったMarina Khevkh さん、驚異的なスピードで英訳して下さったFairuza Vagizovaさん、ありがとう!

Marina & Fairuza
Thank you for informing me this nice article and translating it!💛

原文>>

これは2017年世界選手権後の投稿された意見です:

「今、私は自分の気持ちを表現する言葉が見つからないほど興奮状態で歓喜に酔いしれています。私は私をこれほど幸せにしてくれて、彼の世界タイトルを奪還してくれたユヅルにひれ伏したい。私はいつだって彼のことを信じていたわ。そしてまたしてもここに彼あり!この世のものとは思われない無敵で魔法のような日本の神」

Ru5

 このコメントは2015-2016年シーズン終わりに寄せられた告白です。
でも羽生はオリンピックシーズンに再びこのプログラムを選びました。
投稿者はきっと幸せでしょう:

「ユヅルのショパンが恋しくなることでしょう・・・私にとってとても特別なプログラムだった。ユヅのショパンは、まるで心の美しい人間が自分の世界の隠された愛らしさを見せようと決意したように、幻影のように霊妙で幻想的で忘れることが出来ない。彼はこれほど軽やかでこの世のものと思われない一方で、途切れることがなく自然で、巧みなまでに正確です。

これがあらゆるパフォーマンスによってもっともっと強くなりながらスケートをするオリンピックチャンピオンのやり方なのです」

Ru6

これは最近の告白です:

「素晴らしい!!私はショパンを愛している。このプログラムで私は羽生が好きになり始めたのよ。実際、彼は違うスケートを始めた。以前の彼は優しく繊細な少年だったけれど、今では男らしく成熟し、深みのあるスケートをする。私はショーでもこれほど高難度なプログラムを滑る彼の完璧主義に感服しています!
2015-2016年シーズンのエキシで彼を最初に見た時から私は特別だという印象を受けました。彼は無比。私は彼が健康であることを願っています。それが一番重要なことだから。その他は・・・彼は全てを持っている!」

「プリンスのLet’s go crazyは結果的にスペクタクルだけれど強情だということが分かったのね。OK、世界選手権での彼のSPのコンビネーションに対するジャッジを私は絶対に許さない。でも彼は4Loを組み込んで世界選手権で優勝しました。もっと言いたいことはあるけれど、1度の投稿では書ききれない。
私はジュニア時代(でもジュニア最後のシーズンからではない)からユヅに夢中です。彼は完璧ではない、でも彼は私の神経と苦しみ、私の翼、そして私の喜びと幸福なのです。
彼は私の天才で私の最もお気に入りの選手です。
彼はブレードで音楽を創造するフィギュアスケートの化身なのです。彼は常に完璧を追及することを考えている。私はただ彼が幸せであって欲しいと願うだけ」

Ru7

「自分の好きなことをやっているだけの選手やミュージシャンやダンサーを見て私が泣くなんて絶対にないと思っていました。でも今日、テレビで2017フィギュアスケート世界選手権の放送を点けた時、それが起こったのです。
この地球外生命体がフリープログラムで美しい旋律に乗せて 滑るのを見ながら、私はただ座ったまま泣いていました。今まで私の中にこれほどの感動を呼び起こしたものは何もありませんでした。私は何も知りませんでした、フィギュアスケートについて何も知らなかったのです。でも私はそこに座っていて、これが美しく、完璧で、ただただ比類がないものだということが分かったのです。

ありがとう、ユヅル
私をこの最も美しく、クラクラするほど魅力的なスポーツ、フィギュアスケートの虜にしてくれて
私は新しい、そして刺激的な多くのことを学び、本当にたくさんのパフォーマンスを視聴しました。この美しさとパワーと意志の力なしで私がどうやってこれまで生きてこれたのか理解出来ません」

「ユヅル、あなたの美しいスケートと心からの笑顔を見られる時、私がどれほど幸せか、もしあなたが知ってくれていたら・・・
あなたは全ての影を照らして、温かさと思いやりで私達の魂を輝かせる一筋の明るい日差しのよう」Ru9

 

2014-2015年シーズンの終わり

「あなた達はみんな、今シーズンが彼にとってどれほど過酷だったか見ていました。多くの浮き沈み、多くの挫折がありました。でも彼は自分の中に強さを見出し、最後まで戦う準備があることを見せつけました。彼は自分の中に真の戦士の魂を見出し、偉大な勝利を得るために常に戦い続けるのです。私は彼を信じています。そして彼がまた多くの素晴らしい演技を私達に見せてくれることを信じています。彼は自分の内に秘めた魂がより強く、これによって自分の欠点を克服出来ることを私達に見せてくれるでしょう。
ユヅルは風。弱いこともあるけれど、彼の行く手に立ち塞がる障害物を吹き飛ばすほど強くなることが出来る」

Ru8

グランプリ大会アサイン発表後の最初の感情的爆発:

ユヅが CoR(ロステレコム杯)!!!
私の顎は床に落ちたわ(文字通りひっくり返ってしまって、起き上がることが出来なかったのよ)!!!
彼とジェーニャが両方!!!
私は自分のアパートで絶叫しているわ!!!猫を怖がらせてしまった!!!
信じられない、信じられない、信じられない!!!

ユヅがCoR!!!

何ですってえええええ!!!

ああああああああああああああああああああああああああああ!!!!

誰かもう一度呼吸する方法を教えて!!!

ユヅが CoR!!!何という幸せ!!!

信じられない!ユヅがモスクワにやってくる!私は幸せだわ!

Ru10

最後まで読んでくれてありがとう(もしあまりの長さに挫折しなかった人がいたら)
私はこの天才を愛しています、彼を愛しています、それが全てです。
そして私は一人ではない。
来シーズンの彼の幸運を願っています!

資料提供に感謝します:

https://vk.com/figureskatingconfessions

https://vk.com/figureskating_love

https://vk.com/hanyu_yuzuru

https://vk.com/wbitm

http://sendme-serenity.livejournal.com/805942.html

https://vk.com/fsassociation

Ru11

****************************

ロシアのファンも熱いですね!
しかも表現が詩的で素敵!

寝る時間を削って速攻で英訳してくれたFairuzaさん、本当にありがとう!

そして余談になりますが、解析動画プロジェクトのメンバーで羽生結弦国際ファングループ
の方が知らせてくれたエピソード。
とても心を打たれたので少し書いてみたいと思います。

羽生結弦国際ファングループの管理者の一人、Mandy Conneelyさんが5月31日水曜日に亡くなられました。肝臓ガンでした。

イギリス人のマンディさんは一番古くからの羽生君のファンの一人で、彼のスケートを愛し、熱烈に応援していました。

2016年末にガンと診断され、治療を続けていました。
ヘルシンキ世界選手権を観戦するために、手術の予定を早め、手術の後、ヘルシンキに駆けつけたそうです。病魔と闘いながらもポジティブで前向きで、2018年のミラノ世界選手権で羽生君を見られることを心から願っていたそうです。

残念ながら、それが叶うことはありませんでしたが、連絡を取り合っていたファンの方によれば、マンディさんは最期までポジティブで前向きでヘルシンキの結果に幸せいっぱいで、羽生君の演技を再び生で見られることを切望しながら自宅で安らかな時間を過ごしたそうです。

Facebookに投稿されたマンディさんの訃報と写真には世界中の大勢のユヅファンから多くの追悼メッセージが寄せられました。

その投稿>>

マンディさんのツイッター>>

ヘルシンキ会場での写真
Mandy

あの会場の同じ空間にいらしゃったんですね
術後の身体で力を振り絞ってヘルシンキに駆け付けたマンディさんにとってあのHope & Legacyの演技は何よりのプレゼントだったことでしょう。
あの演技に立ち会ったマンディさんの喜びと感動を思うだけで涙が溢れそうになります

Rest in peace
心からご冥福をお祈りします

Comments are closed.