TorinoTodayより「トリノGPF2019:メダリスト達に贈られるブーケは?」

トリノの情報サイト「Torino Today」に掲載されたトリノGPFの記事から
羽生君に言及している部分と興味深かった段落を抜粋します。

原文>>

トリノはグランプリファイナルの準備が出来ている:大会情報

アレクシア・ペンナ(2019年11月25日)

偉大なチャンピオン達
(中略)
男子ではここ数年間、あらゆる記録と目標を達成してきた選手、日本の羽生結弦と2018年の世界チャンピオン、アメリカのネイサン・チェンのエキサイティングな4回転対決を見ることが出来る。

地球に優しい大会
国際スケート連盟は可能な限り環境に優しい大会するために尽力している。
プラスチック製ペットボトルの使用を出来るだけ減らすために選手達には水筒が支給され、メダルはリサイクルされた電気/電子機器を使って作られる。

恒例の選手達に贈られるブーケについては画期的である。
トリノでは生花ではなく、食べられるブーケである:
チャンピオン達は初めてチョコレートで出来たブーケを受け取ることになるだろう。
チョコレートの街である開催地、トリノにぴったりな選択である。

トリノ市長、ダニエル・グラッスル、アンナ・カペッリーニ、ヴァレンティーナ・マルケイ他

***************
トリノでグランプリファイナルが開催されるのは12年ぶりだそうです。

電気/電子機器をリサイクルして作るメダルとは?🤔
携帯電話とかタブレットとかの部品を溶かして作るということでしょうか?

どんなメダルが出来上がるのか興味津々
マルセイユのメダルより酷いということはないでしょう。
いずれにしてもエコフレンドリー/環境保護の意識が高いイタリアらしい発想です。

チョコレートのブーケ!
トリノらしいメルヘンチックで素敵なアイデアですね!

Previous Entries OA Sportより「グランプリファイナル2019:出場選手決定」 Next Entries アンベージ・ウィンターコーナー「超一流選手は裏切らない」