イタリアフォーラムより「2016スケートカナダ感想(その4)」

前回の続きです

Processed with VSCO with hb2 preset Processed with VSCO with hb2 preset
写真掲載元>>

イタリア羽生結弦フォーラムより

「この大会も終わったわね

何てたくさんの感動、不安、そして美しさ!

私達のホログラムは剃刀の刃の上を行き来しているのね。

いいえ、それどころか剃刀の刃の上を滑っているのよ!!!:waitafraid: :patin:

ショートは不調だったけれど、フリーでは挽回したわね。まだまだ伸びしろがいっぱいあるけれど!

彼がプログラムをどんどん自分のものにしつつあるのは間違いないけれど、彼はとても繊細な・・・本当に繊細な創造物だから、プログラムを完全に自分のものにして滑りこなすまでにある程度の時間が必要なのね。

プログラムは彼にとって友達のようなもの。ユヅはプログラムに出会い、鑑賞し、誘惑し、最終的に彼の親密な理解者にしてしまう。

私達の結弦は夢の芸術家。夢に生命を与え、動きに変えてしまう。

日本では力を最大限に発揮して、去年のようなレベルに達する可能性も私は否定しないわ。

色々なことを考え過ぎる彼の頭は彼の弱点ね

この男の子は頭脳派過ぎるのよ

でも年齢と共に彼のこの弱点は彼の強みになっていくのよ:fire:

それにこの際はっきり言っちゃうけれど北米は彼と相性が悪いわね
北米の試合でうまく行った試しがないじゃない?
まあ仕方がないわね。

ショートはどんどん好きになるわ。音楽も説得力を増しているし、クリーンな演技を見るのが待ちきれない!

またしても結弦の名前が刻まれた宝石が生まれるわね。
衣装は・・・まだショック状態だけれど・・・驚くべきことに私は見慣れてきているのよ」

「エキシよ・・・・ただただ
:imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead: :imdead:

アイスプリンセスさんの動画
Grazie Ice!

「チャオ、みんな
たくさんの動画と情報をありがとう!
ここでは全てがほぼリアルタイムで入手出来るのね!

私は彼のH&Lに凄く感動したわ!
マンマ・ミーア・・・何というプログラム!
特に最後のコレオシークエンス>イナバウアー>巨大な3ルッツの流れは素晴らしいわね!

本当に心を打つプログラムだし、全ての要素が綺麗に入った演技を見られる日が待ちきれない!

エキシは・・・サン・サーンスの白鳥は私の大好きな曲でユヅがこの曲で滑ってくれることを夢見ていたのよ!!

だから彼がこの曲を選んでくれたなんて夢みたいだわ!:awww: :awww: :awww:

イタリア語の歌詞がついたバージョンだから私達へのオマージュにもなったわね!

実際にはタラソワ(あなた達が大好きなマウロットの元コーチよ)から贈られた曲なのね」

記事>>

この記事の「ホワイト・レジェンド」の時の、飛び立つイメージとは違い、「優しく包み込むような感じ」を表現したいという部分を読んで

「彼はそれに成功したわ!
見る者を優しく包み込む真の抱擁だった!

誓って言うけれど、私には湖が、星が、自然が見えた・・・

ユヅ、あなたはファンタスティコ!

大文字でごめんなさい、でも私は叫びたいのよ。

あなたにイタリアに来て欲しい!!!!

「同感よ!

確かに・・・ホワイト・ジェンドは飛び立つイメージだったけれど、The Swanからはまるで抱擁されるような優しいイメージを感じた。 私がどれほどノッテ・ステッラータに恋してしまったかと言うと、衝動的に2017年世界選手権のエキシのチケットも買ってしまったのよ(男子の試合だけでエキシのチケットは買わないつもりだった)

昨晩のことよ。狂気の沙汰だったわ・・・少し考えて・・・衝動買いしてしまったのよ」

「エキシを現地で見た人がユヅの演技の後、スタンディングオーベーションだったと言っていたわ。

タラソワはユヅを本当に高く評価しているのね。GPFのSEIMEIの解説で『この演技を見るために今日まで私を生かしてくれた神に感謝したい』というようなことを言っていたわね。

グランプリの最初の2試合はタラソワがロシアTVの解説じゃなくて残念だったわ。

もしNHK杯のエキシで彼女が解説したら・・・可哀そうに・・・きっと心臓発作を起こすリスクがあるわね!!!」

「私に言えるのはこれだけ

このエキシを見るのを止めることが出来ない・・・・ずっとループで見続けているのよ・・・私は虜になってしまった
:inlove: :imdead: :hearteyes: :inlove: :imdead: :hearteyes: :inlove: :imdead: :hearteyes: :noncela:

「チャオみんな、たくさんの情報をありがとう!!!ユヅがタラソワを満足させたなんて素晴らしいわね。

きっと太陽が雪を溶かすように、可哀そうな彼女の心を溶かしたのね!!!

ノッテ・ステッラータについてはもう何と言ったら分からないわ・・・

結弦、私の可愛い男の子・・・あなたは私達全員に死ねと言っているの???:awww: :awww: :awww:

今度は『イル・ヴォ―ロ』を好きにならなくちゃならないのね・・・人生の最期までないだろうと思っていたことよ!!!」

「チャオ、私達のささやかな世界

ユヅ、いい加減にして!!!カミーユ・サン=サーンスの白鳥はバレエを通してよく知っているわ。でも今度はイル・ヴォ―ロ版まで評価して好きになれって言うの???

あなたは私の揺るぎない音楽の嗜好を滅茶苦茶にし続けるのね!!!

でも私もこの選曲が私達イタリアのファンのためだという妄想に浸り続けたいから許すことにするわ!:yess: 

昨晩から私の指は動画の再生ボタンに釘付けされているのよ!!静脈に麻薬を注射された状態ね・・・
:noncela: :hearteyes: :inlove: :hearteyes: :inlove: :noncela:

魔力、優美、甘美、軽やかさ・・・全身の舞ね。

指の先まで音楽が流れている・・・そして目だけではなく、感情と想像力にまで訴えかけてくる!

彼はこれにかけては天性の才能があって、見る者を彼と共に深淵へと引きずり込む。

動画を見ていてもそうだけれど、バルセロナGPFから戻った時に言ったように、初めて彼を見た時、彼がリンクに足を踏み入れた途端、他の全ては消え去ってしまった。彼の磁力に引きつけられ、釘付けになる。彼には見る者皆を包み込むこの説明しようのない『光』があるのよ。

このエキシではこの光がよりはっきりと見えたわ。

そのシンプルさと魂が私の心を直撃した。

技術的に派手な技やジャンプを入れる必要はない。彼は滑っているだけで魅了するのよ。

フィナーレのジャンプ大会でのクワドは欠かせないわね。さもなければユヅじゃないもの。

ブライアン、安心して

クリニックはいつでもあなたを受け入れるわよ。あなたに心休まる時間を一瞬たりとも与えないこのヤンチャ坊主のせいで最近ストレスが溜まっているんじゃないかしら?(笑)

エキシの練習であなたの背後でクワドを跳び続けたり、フリーの直前練習ではジャンプを跳ばずにグルグル回ったり・・・あなたが即入院を必要としていることは容易に想像できるわ!:ihihih: 

ラブリー
私もあなたと一緒に叫ぶわよ

ユヅ、イタリアに来て!!!

私も昨晩、ワールドのエキシのチケットを買ってしまった一人よ(笑)
1分半ぐらい考えて、衝動的に買ってしまったのよ(エキシのチケットは買わないことで納得していなのに!!!)

まさに狂気の沙汰ね
でもたまにこんな狂気も歓迎よ!!!」

「みんな、おはよう!

このモノクロの白鳥の写真は・・・・:imdead: :imdead: :imdead:

私はバレエの「瀕死の白鳥」が大好きだから、ユヅがこの旋律で滑るなんてファンタスティコだわ!!!:inlove:

私もユヅのエキシを見た直後・・・まるで催眠にかかったようにヘルシンキワールドのホームページにアクセスして・・・エキシのチケットも買ってしまったのよ・・・

予想外の出費だわ・・・まさに狂気の沙汰
私は普段、理性的で冷静な方なんだけれど・・・私にこんな衝動を起こさせることが出来るのは結弦だけよ・・・:illness:

****************************************

ユヅリーテ達は、ヘルシンキワールドは男子SPとFSのチケットしか買っていなかったのですが、羽生君のスワンを見た途端、エキシのチケットを衝動買いする人が続出していました。

あの白鳥の演技にはそのぐらいの魔力がありました!
白鳥をこれほど美しく、儚く、幻想的に演じられるスケーターが他にいるでしょうか?

バレエ「瀕死の白鳥」はロシアの伝説のバレリーナ、アンナ・パブロワのために振付され、ロシア人以外のバレリーナが踊ることはほとんどないという、ロシア人にとっては特別な思い入れのある演目だそうです。

ロシア人で振付師でもあるタラソワからこの曲をプレゼントされることは、本当にすごいことなんだと思います。

Comments are closed.