イタリア解説EuroSport版「2017NHK杯~羽生君部分」

残念ながら欠場となってしまった今大会、実況中にお二人が羽生君について言及した部分をエレナさんが動画にまとめてくれました。
その中から印象的なコメントを抜粋して訳します。

動画1

動画2

☆全試合を視聴し、羽生君部分を切り取って編集するのは膨大な時間と労力を要する大変な作業だったと思います。本当にありがとう!
Grazie Elena per un lavoro cosi faticoso e impegnativo!💛 Non oso di immaginare quante ore ci hai messo!!

実況:マッシミリアーノ・アンベージ(M)
解説:アンジェロ・ドルフィーニ(A)

 

M:羽生結弦は練習中に起きた怪我のため大会に出場しない。
1時間ほど前、(イタリア時間の)早朝5時頃に入ったニュースだ
当初はリスクを冒しても出場するつもりだったが、ドクターストップがかかった
結弦は日本に到着してすぐに熱を出し、あまり体調が良くなかった。
右足負傷ということだが、詳しい情報が入り次第状況を更新する
彼は松葉杖を付いていても競技するタイプだから、出場を断念したということは、過小評価すべきではない状況なんだろう

A:そうだね
一番心配なのは羽生の怪我の状態だ。今シーズンはオリンピックシーズンだから何一つ蔑ろにしてはならない。だからグランプリファイナルやグランプリ大会の1試合を犠牲にしても、負傷した部位の関節~どうやら右足首のようだけれど~を完全に治すべきだ

それに動画を見ると膝も巻き込まれていたようだけれど、どうやら一番痛めたところは膝のようだ。だからここ1番の、最も重要な大会に100%以上のコンディションで臨めるようしっかり治すべきだ。この場合の1番重要な大会とは勿論、グランプリファイナルではない
結弦にとっては5連覇がかかったそれ相応の重みのある大会だったかもしれないけれど

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

M:羽生は4大会連続で獲得していたファイナルのタイトルを守ることが出来ない
つまり、羽生、フェルナンデス、チャンのいないファイナル

誰か僕達は夢を見ているんだと言ってくれ!
いや、この状況に夢はほどんとない・・・どちらかというと悪夢だ

A:まさに悪夢だね

M:新しく入った情報によれば、羽生は歩けるし、跳べるらしい。
だから無理をしないために欠場という選択をしたようだ
実際、羽生は滑るべきではないコンディションを押して出場したことがこれまでにあったからね。
しかし、今シーズンの1番大切な大会はオリンピックで、羽生には二連覇が掛かっている。男子シングルでは半世紀以上も成し遂げられていない偉業だから、これに焦点を合わせることにしたのだろう

――――――――――――――――――――――――――――

M:胆嚢手術を行って静養中だったブライアン・オーサーはNHK杯に同行しなかった。
彼の不在中、弟子達には良くないことが起こっている
ハビエル・フェルナンデスは北京で大敗し、ファイナル出場のあらゆる可能性が経たれた。
羽生結弦の怪我の件もオーサーがいたら違っていたかもしれない。
そもそも彼は万全な体調ではなかった。

前日の練習は熱で休み、当日練習も午前中は参加しなかった
午後の練習に現れたかと思ったら、いきなり4T-3Tのコンビネーションを跳び、4ループで転倒した後、4ルッツで決定的な怪我をしてしまった。高さが足りなかったにもかかわらず、回り切ろうとして、酷く転倒し、右足首を負傷してしまった。

―――――――――――――――――――――――――――――――

M:この大会なら羽生結弦は3回転ジャンプだけで優勝することが出来たね。勿論、彼にはそんなことを言わない方がいいけれど、でも大会全体の出来を見たら結果的にそうだった

A:疑問の余地はあまりないね。

M:でも彼には聞かせないほうがいいね
3回転だけのプログラムなんて代物は君が滑ればいいと返されるだろうからね
彼はそういうキャラクターなんだ
受け入れるか、諦めるか

A:(爆笑)

 

――――――――――――――――――――――――――――――
(ヴォロノフ選手のフリー演技後)

M:この4アクセルは

A:アクセル?
4トゥループだよね?

M:そうだ、ゴメン間違えた
羽生が聞いていませんように・・・

A:「なんだって?誰かが4アクセルを跳んだって???」(爆笑)

お二人の羽生君のキャラ設定って・・・
でもニューヨークタイムズもこの負傷のおかげでクワドを6本も7本も跳ぶのを断念するかもしれないからむしろ連覇に追い風かもという記事を書いていました
羽生君の暴れ馬キャラは世界中にバレているんですね・・・

――――――――――――――――――――――――――――――

(ジェイソン・ブラウン選手のフリー演技後)

M:この演技で彼はファイナル進出のレースから脱落してしまった

A:予想外の展開だ
羽生不在の今大会では優勝候補だった

M:羽生とチャンがいなかったから彼が優勝候補だったのに、チャンスを棒に振ってしまった
残念だよ
だって彼は羽生の不在を誰よりも寂しく感じていた一人だから
昨日はキス&クライで彼にメッセージを送り、皆を感動させた

☆マッシミリアーノさんはツイッターでもジェイソン選手のメッセージに感謝を述べています。
もはやすっかり身内気分!ウチのユヅルを心配してくれてありがとう的な

―――――――――――――――――――――――――――――――

(エキシ)

A:残念ながら多くの一流選手がファイナルに出場しない
特に男子シングルは主役選手不在の絶望的なファイナルになってしまう
まずハビエル・フェルナンデスが脱落し、パトリック・チャンが欠場、更に羽生結弦までもが練習中に起きた怪我で欠場することになり、ファイナルにさよならを告げることになってしまった

M:このNHK杯最大のニュースは羽生結弦のファイナル連勝が4でストップすることだ

A:残念だ。5連覇に挑戦する彼を見たかった

 

M:ファイナルには3大テノールが出場しない
羽生結弦、パトリック・チャン、そしてハビエル・フェルナンデスだ

A:途方もなく偉大な選手達だ

M:フィギュアスケートの近年10点を築いた選手達だ
歴代最高得点を何度も塗り替えながら

 

(大会優勝者の記念撮影)

M:3組の現世界チャンピオンだ

A:ここに男子の現世界チャンピオンがいないのは残念だ

M:羽生が大好きなジャンプ大会はないようだね(笑)
ある意味では試合より興味深い
もしかしたら天才の閃きで4アクセルを見せてくれたかもしれない
練習では時々試しているようだけれど、観客の前では今のところまだタブーだ

A:あらゆる予想を超えるエレメントだね
待とうじゃないか

でも今この瞬間、僕達が願っていることは羽生が一刻も早く怪我から回復することだ

今大会、彼の作品を見ることが出来なくて僕達は寂しかった・・・

だって彼の演技は昔から僕達を大満足させてくれるし、その多くが世界記録を更新するプログラムだった(笑)

M:結弦はNHK杯で3勝している

A:記憶に刻まれる演技でね

 

<おまけ>

メドちゃんのフリー演技のリプレイ中に実況席にいる織田信成さんが映し出され、そこからなぜか長々と織田さんの話に!

2017NHK_oda

A:バックに拍手する織田信成が見える(笑)

織田信成はジャパンオープンでは笑いながら、ふざけながら4トゥループ/3トゥループを決めて見せた

M:もう引退しているにもかかわらずね

A:引退者の顔でね(笑)
プログラムの彼方此方でミスはあったけれど、4トゥループは確か2本綺麗に決めたと思う
驚異的だ
多大な才能を持つ選手だったけれど、幾つかの理由によってその才能に相応しい十分なタイトルを得ることが出来なかった。その理由についてはここでは敢えて掘り下げないけれど(笑)

↑間違いなく「オダる」ですね

 

☆お二人は織田さんを高く評価していて、「オダる」、「オダ膝」「オダバネ」などの用語と共に実況中にもしばしば織田さんの名前が登場します!

Previous Entries ポッドキャストKiss&Cry第7回「羽生結弦NHK杯欠場」 Next Entries ポッドキャストKiss&Cry第6-8回「中国杯女子プログラム分析~他」